2010年2月26日金曜日

2008年の人件費からJ2をゆるーく考察

以前、約束していた人件費などの研究を。
といっても小一時間調べたレベルのつたない結果ですが・・・・。
間違いとかあっても緩く突っ込んでください。参考程度というレベルで。
ゆるいですから。えぇ、ゆるいんです。


Jリーグ公式サイトを探してみたものの、2009シーズンの人件費の情報が
見当たらなかったため、2008年から考察してみました。
情報のソースは↓これ


http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2008-9/pdf/club2009.pdf



■選手・スタッフ人件費の定義
 ○選手・コーチ及び他のチームスタッフ人件費(アカデミーを含む)
 ○選手人件費(報酬の他、支度金、移籍金償却費を含む


■2008 J2選手・スタッフ人件費ランキング
1 広島 1209百万円
2 C大阪 824百万円
3 仙台 606百万円
4 甲府 587百万円
5 福岡 559百万円
6 湘南 542百万円
7 横浜FC 461百万円
8 山形 392百万円
9 鳥栖 317百万円
10 徳島 280百万円
11 熊本 204百万円
12 草津 196百万円
13 愛媛 191百万円
14 岐阜 178百万円
15 水戸 159百万円


【2008 J2順位】
1 広島
2 山形
3 仙台
4 C大阪
5 湘南
6 鳥栖
7 甲府
8 福岡
9 草津
10 横浜FC
11 水戸
12 熊本
13 岐阜
14 愛媛
15 徳島


この時、入れ替え戦で仙台が磐田に敗れJ1に上がれなかった。
山形の効率の良さが際立つ結果となった2008年。
そんな中で、「順位>人件費ランキング」となったチームは

山形、水戸、草津、岐阜、湘南、鳥栖

この辺のチームが費用対効果が高かったチームということだろうか。
特に、2009年のことも考えると水戸の着実な感じが伝わってくる。
水戸は2009年に8位まで順位を上げたので、一歩一歩進化している感じ。
クラブ経営的に評価されるべき。もしくは監督の手腕が高いということ。
どっちにしても、良いことだと思う。


で、大分トリニータの2010年度予算では選手・スタッフ人件費720百万円。
ソースは↓です。参考に使わせて頂きました。


http://ots.oitan.jp/wp-content/uploads/12-16.htm


2008年のJ2だと人件費ランキング3位に値する費用。
こうしてみると借金を抱えてる割にはやはり割高感はある。
そりゃ他のJ2チームからみると何それ?って感じだろうし・・・。
今年、借金返済をしなければJ1に上がれない条件があるとしても、
非常に恵まれていると個人的には感じた。
ちなみに再建計画では、2011年度は522百万円までさらに下げる必要がある。
2012年以降は481百万円まで下げる。
それでもJ2中位レベル。
12月時点の再建計画案なので、その後変更があるかもしれないのだが。
2009年の情報と比べないとあまり意味がないかもしれないけれども、
参考情報として、知っておこうと思う。
本来は収入との割合も考えるべきなんだろうけど、ゆるめをご容赦下さい。


今シーズン、人件費的には上位かもしれないが、
選手数が少ないのでかなり厳しい戦いになると予想している。
怪我人が数人出るとチームが組めない状況に陥るのだ。
しかも、シーズン開始前にすでに藤田がヘルニア、高松も膝を打撲してる状況。


結論として思ったのが、色々な意味でやっぱり我慢だろうと。
ここから我慢のシーズンが続くだろうと、覚悟を決めた。
シーズン開幕までもう少し。色々と我慢です。

0 件のコメント:

コメントを投稿