2010年3月28日日曜日

2010年J2第4節 栃木戦

ホームで行われた対栃木戦。
いつものようにスカパーで観戦。
3連勝を目指して、正直勝てそうだと予想してました。
相手は得点自体がオウンゴールでしかできていないらしく、
未勝利で調子が出ないらしいし、と。だが結果は・・・・


1-4で惨敗。


スタメンは前節と同じ4-4-2だった。
今までの試合も、内容的には非常に苦しいものであった。
でも得点出来ており、勝利もしたので目立たなかったけれども、
今日ほど相手がキッチリとチャンスを決めれると惨敗という
厳しい結果のみが待っていることになるっていうことだねぇ・・・。


今までは勝利したから、まぁいいかと思えていた部分が
勝てない場合は敗因となる訳で。
で、これが全然解決される見込みがなさそうなのが何とも苦しい。
が、解決のための糸口を持っている人間が果たして今このチームに
いるかどうかは未知数。しばらくの我慢かもしれない。


東のFKで1点を返したものの、下さんのファインセーブがなければ
6点くらいとられてたかもしれなかった。


初対戦の栃木は前線のブラジル人FWロボが大活躍。
0-0の時点では大分ペースだったんだが、栃木は縦に早いイメージ。
体の強いロボと韓国人FWを活かす形。
中盤の運動量も豊富で、体を張ったディフェンスも出来てた。
序盤にトリニータの選手も手応えというか、良い入り方ができたので
逆に本気で油断してしまったのかもしれん・・・。


勝ち続けてる間はチームをいじらないのが通説なので、
これでフォーメーション変えたりとか手を加えるんじゃないだろうか。
ファンボ監督だって成長してるはずだ。きっと。


次節は首位の徳島との対戦。
厳しいが我慢なのだろうか・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿