2010年4月3日土曜日

2010年J2第5節 徳島戦

徳島で行われたJ2第5節。
家でスカパー観戦。トリニータサポーター多め。
徳島は大分から日帰り圏内なのかなぁ。
四国に足を踏み入れたことが無いので距離感が分からない。


4連勝でスタートダッシュに成功した徳島と、
前節栃木に対して4失点という守備崩壊の危機にある大分。
守備に関してはきっと手を打つだろうと予想していたのだが、
そこは成長したファンボ監督ですから、しっかりとスタメン変更。


   チェ 東

ボギョン    梅田

   カン  宮沢

刀根      小手川
  チャン 菊地

    下川


菊地をCBに下げて、宮沢を投入。
刀根を左SBに。何故か森島が帯同すらせず、ベンチ外。
東がFWとして前に出て、代わりの右サイドが梅田。
DFの構成は岐阜戦で一度経験しているメンバー。


対する徳島は前節までで好調だった様子のFW津田が
前日に怪我をしたらしく、徳島もメンバーをいじっている様子。
今週ずっとビクビクと怖がっていた柿谷が代わりにFWに入っている。


試合開始から、トリニータは守備の意識が高い。
右サイド梅田がバランスよくスペースを埋める感じ。
前節とは違い、徳島のカウンターに対応出来ている。
安定した試合の入り方が出来たと思う。
ビルドアップにミスもあるが、何より「おじいちゃん」こと
キムボギョンが調子よさげ。
刀根のクロスにダイビングヘッドで魅せてくれたり。


前半14分過ぎ、ボギョンがドリブル突破を止められて
FK獲得する。ゴール前25~30m程かなぁ。
これを直接決めて先制する。
いやぁ、本当に素晴らしい。
後援会特典でキムボギョンのサインもらったんだが、
大人気でちょっと時間かかるって言われたのも納得の技術。


徳島の攻めは前線の起点を失ったためか、中々ボールを運べない。
トリニータの守備は切り替えが早く、すぐにリトリート。
キムが頑張ってくれるうちは菊地はCBでも良いような気がしてきた。


危なげなく前半終了後、後半4分過ぎに前線でダイレクトパスを
つないでいて、こぼれ球をチェが押し込む。
チェもシュート上手いよなぁ・・・・。
これで試合展開は楽になる。


後半27分、驚異の左足が一閃。
キム・ボギョン得点ランキング単独トップに躍り出るミドルシュート!
すんげぇーゴールだったなぁ・・・・・。


これで3点とって俄然試合運びは楽になる。
攻めの意識を残しつつもボールをしっかり回して
時間経過を待つ。このまま無失点で完勝!


首位徳島に0-3で完勝。
前節の守備崩壊から気を引き締めて望んだ戦いで
好調の徳島を無失点完封。
攻撃はキムボギョン頼みながらも、3得点。


菊地を下げて、梅田を右に入れる策で守備が安定したか?
徳島の前線のメンバーが変わった分を考慮しても
守備はかなり安定したと思う。策は当たりでしょうよ。
そこからのビルドアップにはまだまだ課題はあると思うが、
ひとまず結果は出した選手・監督は褒めるべき。偉い!


しかし、キムボギョンである。
この選手は観といた方が良い。絶対生で。
徳島だって存在は分かってたし、厳しいマークで対応しようと
してたはずなのだ。その上を行ける選手。
この選手観るだけでもスタジアムに行く価値はある。
次回は草津に参戦予定ですけど、早く観たいぃ。

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    おはようございます。
    徳島戦、勝ちましたね!
    スカパーは入っていないので携帯でのチェックのみだったのですが、最初のチェックで

    「え、2-0??後半まで無失点?」

    などと失礼ながら何度も逆でないことを確認してしまいました。
    次の日曜日、またはりきってホームに行きます。

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    予想に反して勝てましたね!
    かなり上手な試合運びが出来てましたよ。
    もっと苦戦すると思っていたのですが・・・。

    まだ波がありすぎて強いのかどうか分かりませんが、
    ホームでの応援、私の分までよろしくお願いします。

    返信削除