2010年4月7日水曜日

日本代表の使命

日本代表がセルビア代表とキリンチャレンジカップで対戦。
急いで仕事から帰ってきてテレビをつけた途端、失点する日本代表。
何!?いや、驚いた。前半0-1からTV観戦開始。
スタメンは・・・

GK 1 楢崎 正剛(名古屋グランパス)
DF 22 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
DF 19 栗原 勇蔵(横浜F・マリノス)
DF 21 徳永 悠平(FC東京)
DF 5 長友 佑都(FC東京)
MF 10 中村 俊輔(横浜F・マリノス)
MF 20 稲本 潤一(川崎フロンターレ)
MF 7 遠藤 保仁(ガンバ大阪)
MF 2 阿部 勇樹(浦和レッズ)
FW 9 岡崎 慎司(清水エスパルス)
FW 13 興梠 慎三(鹿島アントラーズ)


怪我で代表辞退をしたメンバーがいるけれども、
それでも日本を代表する高い技術を持つ選手たち。
十分過ぎるほど豪華だ。


が、どうもピリっとしない。
激しさがまったくない。
ほとんどがW杯に選出されることが決まっているような
メンバー達が怪我を恐れているようなイメージだ。
結果、ホームで0-3という惨敗っぷり。
セルビアは国内組、つまり2軍らしいのですよ。
それを相手にこの結果じゃ、4強って本気ですか?って話だ。
東アジア選手権から何一つ進歩していない。


今、日本のサッカー界において地上波のゴールデンタイムに
放送される試合なんて代表戦だけ。
その代表戦であんな試合されてしまうと、
ライト層は足が遠のくと思うのだが。
それで観客動員が減ると、サッカー不人気を
マスコミが喧伝しても何ら言い訳出来ない。


このまま何の希望もない日本代表がW杯で惨敗した場合、
日本サッカー界が失うものは大きいと思う。
日本代表は日本を「代表」する存在であり、
日本サッカー界の指標でなければならない状況なのに、
停滞しっぱなし。
日本人がサッカーやっても無駄と思われるのが一番恐ろしい。


非常に不安になってきた。
J2とかは観客動員数が生命線。
代表の人気が出てくれることが一番手っ取り早いのだが・・・。
後2ヶ月でW杯だが、間に合いそうもなさそう。
怪我人が数人出ただけで途端に質の高いサッカーが
出来なくなるなんて。
もう流石に間に合わないだろう。
2010年W杯は一体どうなるのだろうか。
期待を持てないまま進むのか。
それとも代表選考が終わった後の韓国戦や英国戦で
オランダ戦の前半みたいなサッカーが1試合続けて
実行出来るようになっているのだろうか。


だが、得てして期待されていない代表の方が
いい成績を残したりすることもある。
もしかしたらW始まったら本気出すかもしれん。
にしても期待値はかなり下がった。
予選突破するとは思えない。
どうなるんだろうか、日本代表は・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿