2010年4月11日日曜日

2010年J2第6節 岡山戦

大分銀行ドームでの試合は今日もスカパー観戦。
ファジアーノ岡山をホームに迎えたこの一戦、
スタメンは前節と変わらず。
スカパーのメンバー表では

   チェ 東

キム     梅田

  宮沢 カン

刀根     小手川
  菊地 チャン

    下川


前節、徳島に完勝できたメンバーで再度勝ち点3を狙う。
ホームで栃木に完敗した反省を込め、勝って欲しい一戦。


立ち上がりからチェと東の若さあふれ過ぎる2トップが
素晴らしいプレッシャーを掛け、前線でボールを奪う場面が多数。
右サイドで得たFKを東がゴール前に入れ、
刀根がニアで合わせてファーのネットにゴールを決める。
デビュー以来J初ゴール!早い。


スリッピーだったのか、両チームともに何もないところで
転んだりしていた場面もあったが、トリニータの早い寄せが
岡山のビルドアップを寄せ付けず、多くのチャンスを演出する。
攻めが形になってきたし、ボールも回せていた。
前半は特にもう何点か取れててもおかしくないくらい。
キムボギョンは研究されていた感はあったが。


後半、宮沢を下げてコバヒロを投入して刀根をボランチにしたり
梅田を下げて村山を投入し、小手川を前に出したりした理由は
俺には分からなかったが、完封を目指して守備的に。
前半からのチェイシングで前線が疲弊してきて足が止まり気味に。
後半の終わり際は岡山の猛攻を浴びるも、なんとかしのぎ切って
タイムアップ。


ビルドアップ、ゲーム運びなど全体的に質が上がったように感じた。
小手川のサイドバックも上がるタイミングが良くなった。
キムボギョンは左足を研究されてきた感じがするが、
依然ためを作れるし、なかなかボールを奪われない。
後半、無理にドリブルで持っていって失う場面はあったが。


岡山はまともに観たのは初めてだったが、武闘派のイメージを持った。
東やキムボギョンが体を張れず、吹っ飛ばされる場面が結構あった。
東はもうちょっと体張れるようになって欲しいとは思うが、
怪我はして欲しくないので上手にやって欲しいなと。


無事に勝ち点3を確保できたこの日、ついに観客が1万人を割った。
栃木戦が酷かったというのが一番の原因だろうが、代表戦もあんなで
サッカー自体に興味が薄れてしまってるかもしれない。
チームは順調なだけに、こっちが心配。
次週アウェイ草津戦は日帰りで参戦予定。
連勝できるように頑張って応援してこよう。

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    こんばんは。岡山戦、勝ちましたね!正直、ハラハラしながらの観戦でしたが・・・

    今回は、なんと言っても試合前の応援合戦(?)がよかったです。岡山サポさんたちの桃太郎ソングに会場から拍手が起き、お返しのトリニータコールにまた場内大盛り上がり。

    さて、ゴール裏はどうするのかな?と思っていますと、

    「お~かやまさん、おかやまさん  お腰につけた勝ち点3・・・」

    と、お返しの桃太郎ソング。こういうの結構好きです。
    チャントに拍手が起きるというのも、初めて見た気がします。

    やっぱり、これからも生観戦はやめられそうにないです。

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    コール合戦あったらしいですねぇ!
    良いですよねぇ、即興で返せるセンスの良さ。
    岡山の応援も面白かったらしいですねー。
    羨ましいなぁ。
    動員は減ってしまってるみたいですけど、
    楽しいことがあるってことが分かってもらえると
    もっと人も来てくれると思うんですけどねー。
    情報ありがとうございました!

    返信削除