2010年5月22日土曜日

2010年 J2 第14節 愛媛戦

大銀ドームへ行かれた方、お疲れ様でした。
さぞかしストレスが溜まったことでしょう。
今まで、悔しい試合内容があったとしても、
何とかポジティブな部分を見つけて虫眼鏡なり、
顕微鏡なりで拡大解釈してブログ書いてきましたが、
さすがに今日は何も見つからない。
それでも声援(怒号に近いものかもしれなかったですが)
を送り続けたゴール裏のみが唯一の希望にみえました。


0-2で愛媛に完敗。福田健二のヘディングは見事だった。
まず、何がおかしかったのか。
本日のスタメンから。



試合後のファンボ監督のコメントを読む限りでは、
梅田の攻撃力を活かしたかった、だから梅田を前に置きたい。
そうすると空く右サイドバックに菊地を配置して、
ボールの供給源にしたかったという作戦だったらしい。


この時点で負けたんじゃないのか?
試合ではやっぱり前半途中までシュートさえ打てないと
いつものパターンが露呈。
そして新フォーメーションが全然役立ってないことを証明。


前節も菊地をボランチに配置した時にボールが回り、
攻守がスムースになっていたのにも関わらず、
ファンボ監督も菊地をボランチで使いたいって
開幕からずっと言ってたのにも関わらず、なぜかサイドバック。
東、梅田、菊地をなんでこの形で使ってんだろう?
右サイド東、ボランチ菊地、サイドバック梅田でいいじゃん。
今までのフォーメーションから考えても一番スムースじゃないか。
センターバックを経験のない姜、若い刀根にしてるんだから、
菊地ボランチにすべきなのでは?
何のためにセンターバック二人をこの構成にしてんだ?
無理してこの二人をセンターバックにするなら
菊地ボランチでしょ?どう考えても。
このスタメンを確認した時点でもう、気が遠くなった。
意図と意味が分からなかった。


監督とか参謀というか、コーチというか、どうしちゃってんのだ?
チーム内で何が起こってるんだ?
もうちょっと何とかなるんじゃないのか?
いくら怪我人が多いと言えども。
今の選手たちの個々の能力が低いとは思えないんだが。
はっきりしないプレーばかり。
ボール保持してもセンターラインを超えられない場面が
一度や二度じゃないんだから、恐ろしい。
試合開始直後からパワープレーした方がよっぽど見てられそう。


中断まであと3試合。
中断したら何か改善されるのか?
個人的に今のチームにそれほど多くのものは望んではいないのだけど、
最低限、並みのチームではいて欲しい。
J2では並み以上の選手達がいるのだから。
若い選手の若いプレーも辛抱できる。
だが何の戦術も感じられないサッカーは見てて辛い。


次節、東を累積警告で欠くことになるトリニータ。
どんなスタメンになるのか・・・・・想像もできない!

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    こんにちは。

    (無題)というところに、ハカイダー様の脱力ぶりが
    現れていますね(^^;)

    ホーム組はもう、おっしゃる通りストレス
    倍増試合でした。
    開門前西口で並んでいると、普段はドームの中で
    待っているニータンが外に出てきていて、和ませて
    くれたのですが・・・

    試合終了後、選手たちが挨拶に来ても、
    ゴール裏からはブーイングも拍手もはっきりとは
    聞こえず、それぞれが混ざり合って妙に静かというか
    ・・・ちょっと今までにない雰囲気を感じました。

    雨の中バス乗り場に向かっていると、トリニータが
    負けたと号泣しながら歩いている女性のサポーター
    さんがいました。彼女の半分でも、監督や選手たちが
    悔しがっていると良いのですが。

    長文失礼致しました。次回も、行きますよ!

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    題名は普通に入れ忘れてました!!
    ご指摘ありがとうございます。
    宣伝部長、相変わらず良い仕事しますね。

    選手たちはもっと出来るはずだと信じてます。
    悔しいですねぇ・・・・。
    しばらく生観戦ができないので、
    私の分まで応援宜しくお願いします。

    返信削除