2010年5月10日月曜日

W杯登録メンバーに我らが周作は落選


本日、2010年南アフリカW杯の日本代表選考発表。
仕事しながらもUstreamでこっそりと発表を見守った。
個人的に最も愛してやまない大分県出身者、
かつ県北出身者である西川周作は選出されず。


とても残念だ。
こればっかりは仕方ないけれども。
大分トリニータユース出身者がW杯選考に選ばれたのであれば、
これほど誇らしいことはなかったのだが、
最後の最後で岡田監督は経験者であり、ムードメーカー的
役割をこなせる川口能活を選択した。


川口の選手としての素晴らしさはもちろん分かっているだけに
何とも表現しづらい感情なのだが。
でも逆にGKは経験が必要なポジションであるし、
この先、長い目で見ても周作には沢山チャンスがある訳で、
次世代のGKとして引き続き頑張ってくれれば、
きっとこの先のW杯ではどんな監督になったって
選出されるチャンスはあるはず。
こんなことでヘコタレる男じゃないってことは知ってる。
もう広島の選手だけれども、俺にとっては特別な選手。
やっぱり、ちょっとショックだったなぁ・・・。


川口は怪我もあるみたいだけど、
出来ればオールバックにして戻ってきて欲しいな。
あの頃の川口が好きだったわ。


4年後には他の大分出身選手が出場してくれると嬉しい。
そんな日が来てくれるように、チームを応援し続けたい。


ただ、今日の会見で岡田監督がここだけは負けない点、
という質問を受けた回答で

「言葉は悪いが、ハエがたかるようなサッカー」

って言ったのは言葉のセンスがなさすぎると思うが。
対メディア的にちゃんとした言葉で語れることも
代表監督として必要な資質だと思うのだ。
誰が目指すんだ、そんなイメージの悪いサッカー。
アリでも良いわけだし。
今日の岡田監督は緊張でイッパイイッパイだったろうけど。
とはいえ、もう選手選考も発表されて突き進む日本代表。
他の選手選考も言いたいことは各々沢山あるだろうが、
あまり期待されてない現状を打破して欲しい。
Jリーグへ還元されるような結果を是非残して欲しい。


0 件のコメント:

コメントを投稿