2010年9月1日水曜日

2010年 J2 第19節 水戸戦

雷が原因で中止になった19節の再試合。
平日のアウェイにも関わらず、現地に集まった
サポーターは凄い。
今日はスカパーの観戦。急いで帰宅した訳です。


何とか前半のうちに間に合って試合を観れました。
今日のスタメンはGK清水が先発。


水戸も中二日の試合で、お互いに疲れのある中での試合。
今日のスカパーの解説は前田秀樹さんという、
元日本代表、水戸前監督だった経験豊富な方。
ドーハの悲劇の時のTV解説だった方でもある。
10分過ぎからちょくちょくトリニータの
戦術的解説を行なってくれてた。
これがイラッとするほど的確で勉強になったので
文字に起こしてみた。多少解り易くしてますけど。


・両サイドが高い位置を取っているからカウンターにかかり易い。
・ブロックを作って守っていればボールを取れるチャンスはあるので
 水戸にとってはやりやすい相手。
・センターバックがシュートコースを切るだけで詰めてない。ずさん。
 疲れもあるだろうが、どうぞ打ってくださいというような守備。
・高松とチェのコンビネーションが上手くいってない。
・どういうパターンで点を取るのか見えない。例えばFWの二人を
 サイドを割ってクロスで勝負させるのか、ターゲットとして
 使うのかはっきりしない。
・攻撃の選手が水戸のバックラインに並んでしまう。
・パスした後に足が止まっている。
・攻守のバランスが悪い
・カウンターに対するリスクマネジメントが出来ていない。


褒めてくれてる部分もありましたが、
勉強になった部分のみ抜粋しております。
悔しいけれども的確。
この人の戦術眼と表現力は本物だと思った。
東京国際大学の監督やってて、今年天皇杯の埼玉県代表になってるし。
前田監督就任時、11人揃えるのがやっとだったらしいのに。

http://www.tiu.ac.jp/nexttiu/football/schedule/past_result100829.html



総括すると前半は体も重そうで、FWに楔のボールすら入れられない状況。
14分にパスミス、カウンターを受けて失点。
後半、裕大のゴールで追いつくものの、またもカウンターからの
混戦を押し込まれてリードを許す。
決めれそうなチャンスを決めきれず、水戸の粘り強い守りに屈した試合。
裕大のミドルシュートの素晴らしさが唯一の救い。


解説の影響もあって敗北感が半端ない。
シュート数もポゼッションも上回っていて負けるのである。
これがサッカー。難しい。
悔しい!本当に悔しい!

3 件のコメント:

  1. ミスキック2010年9月3日 22:45

    メンバー的には上の方のチームと遜色ないように思えるんですけどね。

    それにしても裕大のメモリアルシュートは凄かった。
    勝利で花を添えたかったですが。。。
    なかなかうまくいかんもんですね。

    あ~そうか! 勉強になるって思えばいいんだ!!
    オイラもそーとー悔しかったです!

    返信削除
  2. 今日の大分は曇りです。台風の影響で、雨が降るのかもしれません。そんな天気です。

    いつも拝見させていただいてます。愚痴ばかりの匿名です。先週、http://blogola.jp/?tag=oita を見つけました。ご存知でしたらすみません。このタイトルは知ってたのですが、WEBページがあると走りませんでした。大分の選手のインタビューがあり、私も読もうと思います。

    先日、ハカイダーさんのブログで若いやる気のある監督に・・・とありましたが、私も賛成です。
    (モウリーニョとは行きませんが)
    私は、何かしらサッカーに関係している人で精神・肉体・技術・戦術・・・など、必要な要件を満たす人を全国・全世界でも募集してみるのも良いと思います。お金は沢山もらえないのを承知で真剣に取り組んでくれる人を。
    ・・・無責任な発言ですみません。

    お忙しいでしょうが、ハカイダーさんのHPのUP待ってます。

    失礼します。

    返信削除
  3. ミスキック様

    コメントありがとうございます。
    スカパーの解説は悔しかったですけど、
    反論できる余地がなかったため、堪える以外に術がなく・・・。
    勝てればねぇ、ザマミロってなりますけど、
    案の定負けたわけで、プロの目は違いますねやっぱり。

    返信削除