2010年11月25日木曜日

2010年 J2 第36節 熊本戦

大分1-1熊本(得点:井上)

バトルオブ九州熊本戦。
スカパー録画観戦でした。
お隣り熊本との試合ということで、アウェイ側が
熊本サポーターが多数ご来場で中々の雰囲気。
ビッグフラッグとかユニフォームが舞ってました。
この日のスタメンは前節愛媛戦で負けたので変更。



右サイドに益山の復帰と、為田のワントップ。
高校生がワントップ。森島とタイプが違うので
ポストプレー抜きで3トップ全員が裏を狙い続ける?
それとも実質為田トップ下で土岐田・河原の2トップか?
などと思いながらキックオフ。


試合早々に松橋章太(卒業生)が相変わらずの足の速さと
シュート精度の低さを見せつけ、元気そうで何より。
前半は河原のボレーなどもうちょっとの場面が2~3あり、
さらにそのチャンスを為田が作っていたことが驚き。
この子、図太いよね・・・・。
トリニータ史上最年少スタメン出場ですよ、あなた。
それでこんなプレーができるなんて、末恐ろしい。
数年後、きっと高く売れる!ガンガン経験を積ませたい。
残り2試合は為田選手に捧げても良いくらいだと思う。
「為田くん」じゃない。もう「為田選手」である。


後半、井上裕大の得点シーンはパチンコ玉のような
跳ね返りが偶然決まったような得点だったけれども、
井上の運動量とシュート意識の賜物だと思う。
ここでも為田が絡んでたし。
直後にゴリゴリのドリブル突破から角度のないところから
シュート決められたのは痛すぎる失点だったが、
その後も既にかなりのお気に入り選手になってる為田が
チャンスを作ったし。頑張れ為田。イケイケ為田。
ワントップというよりは空いたスペースに流れたりしてたので
「前線3人は自由」というなげやりな戦術だったのかなと思う。
為田を自由にプレーさせてくれた土岐田・河原は優しいお兄さんかも。


全体的にシュートも控えめの試合だったが、
熊本はそもそも守備から入るチームだろうし、
松橋に得点を期待するのは可能性低いし、
セットプレーを気を付けてれば何とかなると思ってた。
あの松橋がスタメンってことはカレンやファビオの
決定力も残念だろうことは予測できるし。
熊本は前線の選手の決定力さえあれば昇格争いに
加われそうなチームだという印象。
速い、上手い、安いブラジル人を見つけられたら化けそう。


トリニータにはシンプルな、縦に速い攻撃がみたいなぁと思う。
ロスタイムから為田に代えて森島投入ってちょっと
消極的過ぎな采配にはため息しか出ないが。
森島ワントップで、為田河原の2シャドーとか良さそうだけど。
次節鳥栖戦で為田を是非使い続けて欲しい。
この試合1失点したものの、GK清水の安定感が増してることも
心強く思う。フィードも正確だし、パンチングは課題だが、
才能を感じる。良いキーパーになりそうな予感。
バトルオブ九州は未だ未勝利。福岡には勝ち抜けされるし。
せっかく近場のチームとの試合が多数あったのに、
一つも勝てないんじゃ話しにならん。
鳥栖戦でせめてもの1勝を期待したい。為田頑張れ。


・・・今年のJユースカップはグループリーグで敗退してしまって、
非常に残念。本当に悔しい。ここ最近のトリニータ関連で一番悔しかった。
ユースの子たちよ、今がチャンスなんだぜ・・・。

1 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    今晩は。熊本戦のレビューありがとうございます。

    この日は、イベントでいつもの屋台とは別にたくさんの
    お店が西口の近くに出ていて、念願の「トリサポ、
    アウェイサポが一緒にドームの広場を歩く」光景が
    見られました!いろいろと問題もあるのでしょうが、
    これが普通になったらいいのにと思わずにはいられま
    せん。

    今日もまた監督紹介がなく、無性に腹がたって
    一人カッカしていましたが、熊本のなんとも心地
    よいリズムの応援につい聞き入ってしまい、いつの
    間にかその怒りも去っていきました。・・・たぶん
    最終戦で改めて怒るんだろうなと思ってますが。

    いいのが当たったと思った抽選会は手違いだとかで
    ハズレになるわ、あっというまに同点にされるわで
    ガックリな1日でしたが、最後に河原選手のおじぎを
    見てちょっと慰められました。

    さあ日曜日は最後のアウェイ鳥栖戦です。悔いのないよう
    応援頑張ってきます!
    ハカイダーさんもレフリー頑張ってくださいね。それでは。

    返信削除