2010年12月5日日曜日

2010年 J2 第38節 横浜FC戦

大分2-2横浜FC
(得点者:土岐田、東)


2010年シーズンが終わってしまいました。
今シーズンの総括はまた今度で、まずは試合から。
大銀ドーム最終戦に横浜FCがカズをスタメンに抜擢。
しかし、フットサル4級審判員の所属を東京都サッカー協会に
変更するための講習会で、午前中留守。
ルールの解釈って難しい・・・・と思いつつ講習会を終え、
急いで帰宅して前半途中から生観戦でした。
観てない部分の前半途中まではビデオで確認。コレオ綺麗でしたね。
スタメンはアジア大会から凱旋した2人を活用した3トップを採用。



帰宅したときには既に得点してリードしてる状態。
右サイドのFK、土岐田のヘディングで得点。
セットプレーから得点なんて久しぶりだし、前半で得点できるなんて
珍しいこともあるもんだと思ってたら、カズが痛んでいる。
必要ないところで痛がったりしない選手なので心配してたら
大分側ゴール裏も同じ心情の人が多かったらしく、
なんとか立ち上がるカズに拍手、これにカズも応える。
さらに大きな拍手がスタジアムに広がる。
スーパースターカッコイイ!
トリニータに所属してもない敵チームの選手に拍手したくなるなんて。
サッカー好きはカズ大好き。応援したくなる選手。
しかも普通に上手いし。ボールを受けたときにボールを置く位置が良い。
んで、後半早々にゴールを奪われてしまう。
43歳8ヶ月トラップしてから素早いシュート。凄い。
池田呆然としてたな。経験の差を見せつけられた。
この映像はしばらく色んなところで使われるだろうから、
池田はその都度勉強するように。


この後、ペナルティエリア内で残念な連携ミスで失点。
逆転を許すも東のゴールでなんとか同点に追いつく。
ロスタイム、菊地とGK一対一の場面、
瞬間、頭に「終わり良ければ総て良し」と浮かんだが
シュートは枠をそれて点々とボールは転がっていく・・・・。無念。
今シーズンはこんな調子でしたね・・・・。
引き分けでタイムアップ。


セレモニーではキャプテン、ファンボ監督、社長の挨拶。
監督は辞めることを選んでくれたので混乱もなく、
社長は2~3年かけてチームを作ると中期展望を述べてくれて、
ネットワンシステムズ様は背中スポンサー継続してくれて、
来年に向けて少しは希望が持てる内容だったと思います。
実は相当嫌いになったファンボ監督の涙にグッときてしまったり。
このチームを応援してると色んな「情」が深くなっちまう一方で・・・・。
とにかく皆様2010シーズンの観戦お疲れ様でした。


しかしホベルト、相変わらずボールを拾いまくってる。
セレモニー後にゴール裏まで来てくれたらしいじゃないですか。
こういうのも良いですね。

1 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    今晩は。
    熊本戦のあたりから、何度コメントしても反映
    されず・・・鳥栖戦は楽しくてつい長々と書いたの
    ですが、全部消えていて・・・(^^;)
    今回もダメかもしれませんが。

    一年間、お疲れ様でした!そして、いつも
    試合のレビューや動画など、ありがとうございました。

    今年一番印象に残っていること。

    ホームの開幕戦でしたか、初めてのボギョン選手の
    コールの時、「ボギョン」と発音しづらかったのか、
    ちょっとコールが揃ってなくて、遠慮がちに聞こえ
    たんです。

    ところがキム選手がゴールを決めると、もうばっちり
    そろった力強い「ボギョン」コールができて、
    おもしろいなあと思いました。

    チームは来年も変わらず大変でしょうが、できる限り
    観戦を続けていきます。
    ハカイダーさんも、レフリー頑張ってくださいね。

    返信削除