2010年12月1日水曜日

今週のサカマガ



今週のサカマガ。
特集はなんというタイミングか監督査定。
ただしJ1に限る。
前はこういう特集の時に白黒ページでJ2もやってたような気が。
今は無視ですよ、サカマガめ。
ザッケローニ代表監督のインタビューも、
どこかで読んだような内容だし。
今週はサカダイの方が良いかも・・・。


監督査定について。
そりゃ優勝したストイコビッチ監督がNo.1でしょうよ。
ただ、戦力とか環境を考えた場合、山形の小林伸二監督の結果は
もっと注目されて、評価されて良いと思う。
日本で一番実績を積み重ねていってる監督だと思ってる。
過去、共に喜び、苦しんだ経験があるわけだが、
その経験を糧にしてくれてるのが嬉しかったりする。


監督査定を今季のトリニータで行うならば、
今日発表されたファンボ監督退任は妥当な結果だと思っている。
今季、15位以下がほぼ確定。
2年前にJ2に昇格した岡山、富山と今年昇格した北九州の真上。
下手すると最終節水戸に追い越される可能性だってある。
J1から落ちたばかりで、J1で戦った選手も数人抱えてて
この結果で来年の契約を延長する理由なんて微塵もないと思う。
怪我人を考慮しても、15位以下はヒドイ。
オフィシャルではかなり丁寧な扱いの理由が記載されてました。
何もしなければ間違いなくレジェンド選手ですから、
そもそも扱いは丁寧にすべき人材なのです。


が、2度の監督就任でどちらもとんでもない結果で。
チャレンジ精神は有難かったけど、結果は残せずじまい。
プロの世界はどこも厳しい訳です。サラリーマンだって首を切られるご時世。
結果が出てればこの上なく幸せだったんだろうけれども。
次の監督も選択が難しいと思うが、頑張って交渉して
探し出して来て欲しい。


第一期のファンボ監督後、シャムスカ監督で栄光を得た訳で、
ファンボ監督直後はきっと縁起の良い何かが待ってるはず。


・・・・シャムスカ監督も14連敗あったけどさ。まぁそこは。
ポジティブに、ポジティブシンキングで。

0 件のコメント:

コメントを投稿