2010年12月12日日曜日

J2 シーズン前の順位予想の答え合わせ

報知とか、日刊スポーツとかで色々と来季の監督の情報が出てましたけど、
中々正式な情報が出てこないもどかしい日々。
なんでスポーツ紙によって監督が違うんだろうか・・・。
誰かの何かしらの思惑でプレスにウソ情報をリークしてる人間がいるってことだろ?
それって一枚岩じゃない何かがあるってことだろ?
ゲンナリです。ゲンナリ。
スポーツ紙側も含めて何やってんだろう。


で、発売されたばかりのサッカー批評にまた木村元彦レポートが載ってました。
九州では週明けに発売されるのかな?
読みましたよ、えぇ。読みました。さらにゲンナリ。
もー、本当に何をやってんだって話だ。
まぁもう驚かないけど。
ただ木村レポートは彼自身の思惑がありそうだから、
話半分として処理してます。


さて、本題です。
シーズン前、J2順位予想をしたのですが、
シーズンも終了し、出揃った順位の答え合わせをやってみようかと。
結果をまとめるとこんな感じ。

悲しい現実俺の予想 
1位
2位甲府甲府
3位福岡千葉
4位千葉札幌
5位東京V鳥栖
6位横浜FC横浜FC
7位熊本大分
8位徳島水戸
9位鳥栖福岡
10位栃木東京V
11位愛媛徳島
12位草津草津
13位札幌岐阜
14位岐阜熊本
15位大分愛媛
16位水戸栃木
17位岡山富山
18位富山岡山
19位北九州北九州


トピックとしては予想では中位には入るだろうと思っていた大分が
まさかの15位っていうのが一番の驚きですな。
3位以内をこっそり目標にしていたらしい今年のトリニータ。
そんなに甘くないと予想してたが想像以上に酷い順位。
ファンボ迷采配も考慮に入れてたけれども、ここまでとは。


シーズン前にも怪我人が出て台所事情が苦しくなるだろうとは思っていたが、
一番の誤算は小手川の長期離脱かなと。
たしかに開幕直後はキムボギョン効果で勝ってたけど、
小手川がいなくなってからが本当にきつかったと思ってる。
8節の北九州戦で小手川が怪我。
その試合を含めて、5勝2引き分け1負だったのに対し、
直後に3連敗、以後ずーーーっと低空飛行。
シーズン終了まで復帰出来なかった小手川の怪我の具合が心配だ。


上位陣、柏と甲府は予想的中。ドヤ顔です。
戦力的には突出してた2チーム。ここは簡単ですね。
3位はギリギリ最終節で巻が涙の逆転ゴール昇格、
っていうのを予想して千葉を推していたのだが、
千葉のフロントもアレですから、巻をロシア方面に放出。
アホかと。巻がいれば3位入ってたと思ってるよ、俺は。
なんで福岡だよ?誰が予想できるよ、福岡が3位って。
たしかに福岡は未知数だったけれども、出来過ぎな感じ。
J1じゃ厳しいだろうな・・・・。
まぁせっかく上がったんだから九州のアピールして頑張れ。


札幌、鳥栖は安定しなかった。
栃木、徳島、熊本は予想外の健闘。
下位3チームはまぁ、予想通りかなと。
来シーズンは鳥取がこの辺に加わるのかな。
間違っても大分は今より悪くならないと思うなぁ。
順位予想、中位は全然ダメでした。
難しいもんです。次シーズンも戦力が出揃ったらやってみよう。


でも改めてこの順位表を見ると、15位はダメだろ。
人件費は上位なのに。費用対効果最悪だ。
会社にはゴタゴタも多そうだし、
お金ないし、全国のサッカー関係者に色々良くない話が
バレてると思うけれども、それでも敢えて
監督に就任してくれる勇者は拍手で迎えてあげたい。


監督人事を座して待つ師走です。

0 件のコメント:

コメントを投稿