2011年1月12日水曜日

歴史を刻む はじめの一歩

田坂新監督の就任記者会見をOBSの映像ニュースなどを見て、
非常に好感を抱きました。
きちんとした言葉で語れる人だったのが何よりも好感触。
若手育成、走るチーム、フィジカルコーチに陸上の専門家など、
特色のあるチーム作りもとても楽しみ。
共に歴史を刻みたいと思えました。


これで一気に来季のシーズンパスが飛ぶように売れる・・・・
まではいかないだろうけど、この記者会見で魅力アップしたことは確か。
まだ記者会見だけだけど、田坂監督の方針を全力で支持したい。
目標は1桁順位前半という話だが、1桁で十分だと思う。
イメージアップ戦略には持って来いの素材ですよ。
契約は1年だけど、中期的な目標を設定して数年スパンで
チームを作れれば、面白いチームが出来上がるかもしれない。
スタジアムから足が遠のいてる人、そろそろ戻ってきませんか?
未だ大銀ドームにだけは行ったこと無い俺が言うのもなんですけど。


ただし、ちょっと若返り過ぎな気がする。
クラブチームはよく家族に例えられるけれども、
父が監督で、キャプテンが長男で、主力が次男で若手が末っ子だとすると
末っ子だらけのチームになっちゃってるイメージが。
頼みのキャプテン高松は年俸削減のためにFC東京にレンタル移籍。
人件費抑えるためにチームの顔を貸し出さざるを得ないような事態に
なるってどういうことだよ?とブチギレたい気分ではあったが、
胸スポンサーが発表されると黙らざるを得ない。
ダイハツ九州が念願の胸スポンサーに。
県内企業だし、まっとうな企業だし、本当に嬉しいし、ありがたい話。
この不景気にプロスポーツにスポンサードをするって重ね重ね
ありがた過ぎるお話。感謝し切れない。本当にありがたい。


ただし、なぜか金額は秘密なのね。
疑心暗鬼癖のせいで、ただその1点において不安になる。
例えば極端な話、2億円の商品を1千万円に値引きして売りさばいて
悲願達成しました、って報告されても困るのである。
数千万円、ってなってたけど数千万円の範囲なら
公表してくれた方がメリットありそうなんだが、
敢えて秘密にしてるってことはやっぱり何かあるんだろうかと
勘ぐってしまう。ちょっと秘密があるだけで。
透明性を高める経営を、って言ってた矢先に金額秘密にするって
どういう感覚なのか理解出来ない。
スポンサー料で何かしらに配慮する必要があるのであれば、
別途全体的な財務状況を定期的に公表して欲しいとしつこく訴えたい。
全体スポンサー料としてぼかす感じで。
12月にまた資金ショートしそうです、っていきなり公表されるのだけは
ご勘弁願いたい。


でも本当に久しぶりの胸スポンサーなので、やっぱり祝杯。
今日ぐらいはしんみりと喜びたい。
久しぶりの前向きな、再建に向けたはじめの一歩。
そう考えたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿