2011年1月26日水曜日

アジアカップ準決勝と今週のサカマガ


いやぁー、すごい試合でしたね。アジアカップ準決勝。
サカマガ読んだけれども、ブログ更新するの忘れて観てました。
ちょっと興奮で寝れないんで眠くなるまでブログ書こうかと。
韓国相手に延長までもつれて2-2からPKでの勝利。
川島のパフォーマンスが今大会イマイチで、準決勝のスタメンが
どうなるか気になりましたが、ザッケローニ監督は真面目。
きっちりとしてるというか、考えがあってスタメンを選ぶ人と判明。
負けたら即スタメン変更する監督もいたけど、こういう監督だと
選手たちも納得できるんじゃないだろうか。
ぶれない人の方が信頼できる。
そして、あのPK戦での川島の活躍。
代表スタメンの地位は簡単には譲られるもんではないのだな。
しかし、我らが西川周作は川島を超えてくれると信じる。
川島がミスして回ってくるチャンスよりは、
全てを上回ってスタメンを勝ちとってしまえ。
コパ・アメリカやコンフェデ杯とかまだ本番までにチャンスはある。
とりあえずアジアカップ決勝で勝ち切って、コンフェデ杯に
出れるように代表選手は頑張って欲しい。
遠藤とか、全然休んでない。あの人。
本当に凄いと思う。代表の選手は頑張ってると思う。


はい、そして今週のサカマガ。
J1だけだが各クラブの強化責任者インタビューという特集。
これがとても面白かった。かなりの読み応えがあり。
珍しくサカマガを褒めてあげたい。良い特集。
各チームのビジョン、思想が垣間見えた。
こういうことはあまり表に出てこないので、興味深く読んだ。
鹿島は世代交代というか、チームの更新時期が意識されてる。
名古屋も虎視眈々とアジアチャンピオンを目指してる。
強いクラブはちゃんと計画立ててチーム強化を目指してる印象。
一方、財政の厳しい下位クラブはどう残留するかを考えていた。
J2で同じ特集したら財政面で愚痴だらけのインタビューだろうから、
J1だけで成り立つ内容かもしれない。
何を考えて清水が一気に監督・選手を入れ替えたのか、とか。
他のチームのことばかりだけれども、面白かった。


逆に、ん?と思ったのが某浜・F・マリノス。
昨シーズン末のゴタゴタ以後、とってつけたような
中期事業計画をマリノスアメージング何とかプランとか
名付けちゃって、それを2013年に実行する、ということで
MAP13と呼んでた。動員観客平均4万人を目指すらしい。
戦力的にはそこそこだと思うけれども、そんなに人気でるかねぇ・・・。


と、きちっとしたクラブビジョンから、
大丈夫か?と思えるビジョンまで色々で面白かった。
だがどのチームも「育成が大事」って言ってるのも印象深い。
始動した我らがトリニータも今季はちゃんとビジョンがあるし、
揃った選手もドリブラーで面白そうな選手がいるなんて情報もチラホラと。
怪我には注意して走れるようにしっかり体を作って欲しい・・・・
あ・・・・眠い・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿