2011年5月5日木曜日

2011年 J2 第10節 徳島戦

ゴールデンウィーク真っ只中、ホーム徳島戦です。
スカパーで自宅でまったり観戦。
最近はJ2も一部ハイヴィジョンになりまして、綺麗な映像が観れます。
ハイヴィジョンです。ハイヴィジョン。ウに濁点な感じが好きです。
さてスタメンですが三平が初登場。



前節岡山戦では無得点で終わったトリニータ。
森島・三平のコンビネーションに期待してキックオフ。
試合立ち上がりからロングフィードと西、チェのドリブル突破と
森島のポストプレーと、三平の裏への飛び出しと多彩な攻めを見せる。
9分、中盤の混戦から抜け出した西がドリブル&シュート。
これが文字通りズドンと決まって先制。
西、移籍後初ゴールは強烈。


早い時間の得点と、良い試合の入り方で油断しながら
まったり観戦していたら38分にスローイングからのこぼれ球を
ビックリするようなミドルシュートで叩き込まれる。
普通あんなの枠に行かないのだが・・・・。
凄いシュートでした。この辺から一気に雲行きが・・・。


続く41分、左サイドを突破され続けて失点。
徳島柿谷のおしゃれなスルーパス。
ちょっと集中力を失ったか。
折角の先制だったのだけれども、前半のうちに逆転される。
ベテラン三木さんを中心とした徳島の守りにもてこずり、
徐々に良い形が少なくなっていく。
柿谷は自分でシュートまでいく意欲が少ないように見える。
実に勿体無いと感じる。もっと怖い選手になれるのに、
香川にあって柿谷に無い物。柿谷勿体無い。
トリニータとの対戦以外ではもっとシュート打って良い。


後半、同じメンバーで再開。
この辺りから今日あった試合なのに既に記憶がない。
後半、前俊、イドンミョン、松原が投入され、
ロスタイムぎりぎりで前俊らしさがピカっと光る。
前田と宮沢のワンツーから最後前田がジョンハンにスルーパス。
これをジョンハンがきっちりと押しこんで同点での試合終了。
ラストプレーでしたね。最後まで諦めずによく頑張った。
良く走りました。


最後のプレーは清水のフィード、イドンミョンのヘディングでの落とし、
前俊が拾って宮沢とのワンツー、チェのゴールと交代選手の活躍と
色々とぎゅっと凝縮された感じ。
田坂監督の狙い素晴らしいな・・・。


ただ、ここまでの試合を見る限り、前線のメンバーをどうするべきか
悩ましい問題は解決しそうにない。
今日の前俊は相手が疲れていた状態で投入され、
下がり目の位置でプレーすることでらしさ爆発。
前線に顔を出したジョンハンはやっぱりFWっぽいし、
どの組み合わせでスタメンを選ぶのか決め手に欠ける。
エースって育てられるんだろうか。
待ってりゃ出てくるものなのか。


快晴のGW真っ只中に8,829人という観客数の現実。
2~3年かけてチームを育てるだけの経営ロードマップに
若干の不安を覚えるも、鳥栖戦も引き続き頑張って欲しい。
今日みたいに最後まで諦めない走力プレーを続けて欲しい。
諦めないことの重要性。試合も営業も経営も。
頑張りましょう。

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    ご無沙汰しています。
    この数ヶ月、コメントしようとするたびに
    PCがフリーズするので、地震のお見舞いもしない
    まま過ぎてしまいましたが・・・その後体調は
    いかがですか?今回はコメントがうまく入ると
    よいのですが。

    徳島戦、最後の最後に喜べてよかったです!途中は
    ちょっと・・・あれれな感じでしたが、まだまだ
    3試合目。長い長い目で見なければ、です。
    鳥栖も行きますよ!それではまた。

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    ご無沙汰しておりました。
    体調は回復しております。
    徳島戦の応援ご苦労さまでした。
    引き分けでしたが、劇的な追いつき方だったので
    勝ったような気分を味わえましたね。

    鳥栖戦では本当の勝利を見られると良いですね。
    お気をつけて。

    返信削除