2011年6月26日日曜日

2011年 J2 第18節 鳥取戦

【大分 2 - 1 鳥取】


鳥取とのリーグ戦初対決。
スカパー観戦してました。ジョンハンが累積&怪我もあり、
スタメンは変わるだろうなと予想してはいたものの、3バックとは。



阪田は怪我の影響でベンチスタート。
安川、姜、土岐田という3バックなんて意外過ぎる。
宮沢井上の両ボランチ、右に藤川左にドンミョン。
FWは森島を真ん中に左に西、右に前田だったと思われる。
松原為田が代表に召集されており、チャンスを掴んだ姜と井上。
この二人に頑張って欲しかった。


前半はトリニータペース。特に守備がしっかりしていた。
急造のシステムにしてはお互いにコミュニケーションをとりながら
マークの受け渡しなどにズレを起こさせず、危なげなく守れた。
攻めは個人でゴリゴリドリブルする場面が多く、決定的場面は作れず。
つまらないミスを無くせば流れ的には後半に期待が持てる内容ではあった。


先制は後半56分、森島のゴールでした。
相手のミスからのボールをかっさらい、一人で突進。
切り替えして見事にゴールを決める。
素晴らしいパワフルなゴールでした。森島らしいゴール。


これに対して鳥取がコートジボワール人ハメドを投入。
攻撃に打って出てくる。そのハメド、強い。当たり負けしない。
こうなるといつもの悪いパターンでズルズルと下がるDFライン。
田坂監督も動く。運動量が落ち気味の前俊に代えて怪我から復帰の
三平を投入。下がるな、というメッセージだと思うのだ。
しかし、ハメドに釣られてズルズルと下がってしまう。
3バックが5バックとなり、あぁ、これまずいなと思っていた矢先、
安川が裏を取られてペナルティエリア内で引っ張って倒してしまう。
PK献上。これをキッチリと決められてあっという間に追いつかれる。


何度繰り返すんだと、怒る気力もなく。
あぁまた悪いパターンかと意気消沈していた訳ですが、
ハメドにやられていた左サイド、ドンミョンに代えて刀根投入。
PKの直前に用意していたのだけれども、交代は間に合わなかった。
引き続きハメドのケアに刀根をあてがう。
刀根は最後までハメドにやられっぱなしではあったが、攻撃で
持ち味を示す。宮沢からのダイレクトのパスをシュートした場面は惜しかった。


一進一退の攻防が続く中、足をつった森島に代えてハセヒロ投入。
現在のメンバーで唯一途中出場で他選手との違いを出せる男、ハセヒロ。
個人的には攻撃カードを切るならハセヒロしかいないと思っている。
このハセヒロがやっぱり仕事をこなす。
先制点と同じような場所で鳥取がパスミス。掻っ攫うハセヒロ。
自分でシュートに持ち込む。枠にちゃんといってるし、頼もしい。
GKが弾いて得たCKも自らで蹴る。
そのCKを三平がヘディングで決める。ポジショニングの時点で勝利、
三平良くやった!逆転ゴールに歓喜。


ロスタイム4分の使い方も実に有効。
これまでの課題をキチンと修正している訳です。
終わらせ方が良かった。そのままタイムアップ。
久々の勝利を飾りました。


正直ホッとしました。観客が激減している中で、結果を残せた。
好調鳥取を相手に会心の逆転勝利。
鳥取はロングボールを蹴ってくる場面が少なかったので相性良いかも。
つなぐサッカーをやってるんだろうか、そんな印象。


まぁ、相手のミスに助けられた得点ばかりではあるが、勝ったから良しとする。
いやー、久々に勝てて本当に嬉しかった。
良かった良かった。売れたシーズンパスよりも来てるお客さんの方が
少ないけれども、7.9に向けて集客活動にも熱が入るでしょう。
このままの勢いで水曜日の横浜FC戦も頑張って欲しい。
7.9に安く見れるからそれまでは行かなくてもいいやと思ってるあなた、
水曜日にスタジアムで予習しましょう。
東京からお客さん増えるようにせっせと工作せねば。
連勝しよう、連勝を。

0 件のコメント:

コメントを投稿