2011年7月24日日曜日

2011年 J2 第22節 FC東京vs熊本

【FC東京 5 - 0 熊本】



涼しかったので、国立競技場にお邪魔してきました。
中々直接見る機会のない熊本のゴール裏に潜入。
和太鼓的な太鼓のリズムが何となくお祭りっぽく、
すんなりと溶け込む九州人でした。


試合は前半終わり際までとにかく熊本が耐える展開。
40分過ぎにPKと退場者を出して先制されてしまう。
後半以後はもう、フルボッコの様相でした。


あの守備の堅い熊本が5失点・・・。
一歩間違っていたら総力戦もこんな感じなっていた可能性も、
なんて考えるとゾッとする。
熊本のサポーターはかなり多くて、J2なのに国立で試合できるなんて
羨ましいなぁなんて思っていたのですが、辛い思い出になりそうですね。
我々トリニータは国立には良い思い出しかないんですけどね、あはん。


FC東京はサイドチェンジをしつこい位に繰り返して
リトリートしている相手を揺さぶり続けてました。
サイドチェンジの度にサポーター達が「オエェ!」なんて
声をかける一体感があり、それはそれは恐ろしい国立競技場でした。
恐ろしいくらいに売店にも列が出来てたし。
烏龍茶買うのに30分は並んだ。
10月の第7節が国立で行われる予定なので、
予行練習としては色々と役に立ちました。
FC東京、恐るべし。


熊本のエジおいさんは一人気合の入ったプレーしてましたね。
流石にやられっぱなしでイライラしてましたけど。
久々に直接見れて、元気そうで何よりでした。


最後に写真を適当に貼って終わりでございます。




















0 件のコメント:

コメントを投稿