2011年10月27日木曜日

2011年 J2 第7節 FC東京戦

【FC東京 1 - 2 大分】



国立無敗!
逆転勝利で首位FC東京を撃破です!
3年前のナビスコ決勝以来のトリニータの国立競技場での試合。
孫の代まで伝えるべき内容となりました。
昨日書いたサカマガのブログがネタ振りとして効いた。
天候は晴れ。
あの日と同じ季節の中で強めの風が冷たく吹きすさぶ中、
仕事を休み、開門と同時に入った競技場は、あの日に比べれば
そりゃ少ないものの、かなりの数のサポーターが集まってました。
ピッチには多めの水が撒かれてました。
国立競技場試合前の雰囲気。やっぱりキレイで観やすいスタジアム。



10月5連戦の4試合目のスタメンは3バックが池田、作田、
土岐田の3つの「田」で綺麗に揃ってました。



俺たちのエスペランサ圭介がスタメンを奪還。よくやった。
図では森島がワントップですけど、シャドーになって前俊がワントップに
なってることが多かった。前節もそんな場面が多かったけれども、
森島はキック力があるので、サイドチェンジが上手。
一旦逆サイドに振ってから前に入っていくのが一つの形になりつつある。


対するFC東京、もうほとんど昇格は決まってるんだろうけど。
高松は怪我でベンチすら入らず。森重は今日はちょっと元気なさげでした。
疲れてるのか、今野不在で大変だったのかは分かりませんが。
前俊も宮沢も所属経験があるチーム。幸野を借りてるし、交流のあるクラブ。


キックオフからの試合の入り方はまずまずだと感じてました。
FC東京の攻撃が予想してたより大したことがなかった。
落ち着いたプレー、ボールを繋ぐことができていました。
守備は3バックとサイドの2人が降りてきて合わせて5バック気味で守る。
FC東京の裏へのボールはほとんどをオフサイドトラップで守る。
守れそうな雰囲気の中で、攻撃は若干中途半端。
サイドチェンジを繰り返してじわじわとビルドアップは出来るものの、
あまり迫力がないまま。だが戦える手応えはあった。
22分、FC東京の右サイドからのクロスを谷澤のハンド気味トラップから
シュートを打たれ、一度圭介が弾きだすも味方に当たってゴールイン。
オウンゴールで失点してしまう。


この後、FC東京が落ち着いたのかトリニータが気落ちしたのか、
まぁー、ポゼッションされまくりました。厳しい時間帯が続きました。
戦える手応えがもろくも崩れ去りそうに。
すると、しびれを切らした田坂監督が早い段階で動く。
池田を秘密兵器に戻し、幸野を投入。姜をCBに。
このまま後半へ突入かと思われたロスタイム、あの男が輝きを放つ。
FC東京サポーターからボールを持つたびにブーイングされていた、
前俊が右からのクロスを森重を背負ったまま胸トラップ。
そのまま反転ボレーでファーのサイドネットにシュートを突き刺す。
そのまま前半終了となったため、本当にゴールが認められたのか
一瞬分からなくなりました。
孫の代まで伝えるべきゴールでした。本当に凄かった!
しばらく得点を許していなかったFC東京の守備を前俊が左足で破ったのだ。
森重悔しそうだった。


勢いに乗じて後半に逆転といきたいところ。
どうも試合後の監督のコメントを読むと、前半の出来に不満で
かなり発破をかけた様子。その影響もあってか人もボールも動く、
球際も厳しく、気落ちせず気持ちのこもったプレーをみせてくれました。
カウンター的な戦いの中で、最後の最後まで走り抜いた。
連戦の中で、疲れもあったろうけれども国立のピッチで躍動してくれた。
途中から投入されたハセヒロ、藤川もより気を効かせて走ってくれた。


FC東京のチャンスも最後は圭介を中心に守備陣が踏ん張ってくれた。
このまま終わっても首位FC東京相手に頑張ったと思える内容だった。
しかし、選手は本当に最後の最後まで諦めていなかった。
カウンターを仕掛け、ボールを奪われても、もう一度プレスをかけ、
再度ボールを奪い、カウンターを仕掛けた。
奪ったボールを森島が保持した瞬間、右サイドを追い抜くように
ハセヒロが走り込む。森島からのスルーパスをハセヒロがFC東京のGK、
日本代表の股をぶち抜いてロスタイムに逆転弾。
ゴール裏は最高潮の盛り上がり。まさかの大逆転。
このまま試合を締め、首位FC東京に逆転勝利となりました。
孫の代まで伝えたい。国立不敗神話継続中。


試合後、圭介がうずくまって立てなかった。
怪我ではなく、それだけ色んな思いを込めた試合だったのかなと。
今日、一番気合が入っていたのは圭介だったんじゃないか。
ハセヒロが迎えに行くまでしばらくじっとしてました。
そこを見逃さずに迎えに行ってくれるハセヒロ、良い子。MVPだわ。



仕事を休んでまで見に行って本当に良かった。
チームを応援していて、どうしようもない試合や悔しい試合が
ほとんどだけれども、1試合でもこんな経験をしてしまうと
辞められなくなってしまう。選手に感謝したい。楽しかった。
仕事で来れなかった友達が可哀想で仕方ない。
やっぱり国立には縁起の良い何かがあると思います。
サカマガ、その他ジャーナリストどもよ、記事を書け記事を。


試合後の最高の雰囲気を孫の世代まで残しときます。



次は元旦にまた来ましょう!

4 件のコメント:

  1. 読んでて泣いちゃいましたよ・・
    スカパーうつらなくて試合ぜんぜんみれてないけど、
    嬉しくて泣いちゃいました
    応援おつかめさまでした。
    気持ちの入ったレポ、本当にありがとうございます。

    返信削除
  2. midori様

    コメントありがとうございます。
    誤字脱字の多いブログですが、泣いて頂いて
    ありがとうございます。
    泣かせてくれたのは選手たちの頑張りが要因ですね。
    とても良い試合でした。
    今シーズンのダメな試合での残念な気持ちを
    全部帳消しに出来るくらいでしたよ。
    といってもまだ試合は残ってますので、
    もっと良い試合を見せられるように応援しましょう。

    返信削除
  3. ハカイダー様

    今晩は。アウェイの動画をありがとうございます。

    仕事でスカパー観戦も後半からだったのですが
    「もう3-0くらいなってるかな・・・」
    などと思っていたら、なんと1-1ではないですか!
    しかも、ぎゃくてん!!!現地の方が羨ましいです。

    昨日の余韻に浸りながらじっくりと読んでいましたが
    「記事を書け記事を」で噴出してしまいました(^^)
    ほんとに、カラーでどーんとお願いしたいですね。

    返信削除
  4. issu様

    コメントありがとうございます。
    逆転で国立は盛り上がりました。
    さすがに楽に取材に行ける都内とあって、
    注目度が高かったようです。
    各種サッカーメディアに取り上げてもらってます。
    が・・・・、ナビスコカップ決勝に全部を
    持っていかれるような気も・・・。

    連勝を重ねて、昇格争いを混沌とさせられるように
    最後まで頑張りましょう。

    返信削除