2011年11月17日木曜日

2011年 天皇杯3回戦 川崎戦

【川崎 4 - 0 大分】


仕事は明日から頑張ることにしてひっそりと抜け出して駆けつけた等々力。
残念ながら悔しい惨敗となってしまいました。
土曜日の試合から中3日。一方でJ1はお休みでした。
日程的な面ではJ1有利。怪我人も多く、今日も日替わりスタメン。
出来ることなら万全の状況で戦いたかった。えぇ、負け惜しみですよ。





3バックの真ん中に池田、右サイドに松原、シャドーの一角に小手川と
今シーズン初っぽいポジションでJ1と戦うわけです。
相手は今シーズン、なかなか調子の出ない川崎。しかも心臓である中村憲剛を
代表戦で欠く布陣。チャンスはあると思ってました。甘かったようですが。


去年、セレッソ大阪を観に行って以来の等々力は平日とあって2階席は閉鎖。
平日の夜なのにトリニータのサポーターは数多く集まってました。
仕事終えて駆けつける予定だったので今日は指定席で観戦したのですが、
ゴール裏の声はよく聞こえました。



試合の入り方は良かったと思います。
キックオフ直後から積極的に前線が動きまわり、前からプレスをかけ、
野心と勇気のあるプレーで川崎の攻撃を自由にさせませんでした。
FC東京戦の前半なんかよりも積極的だったのです。期待せざるを得なかった。
上のカテゴリ相手に引いて守るようなサッカーはやらないんです我々。


が、15分を過ぎると川崎も慣れてきたのか、徐々にポゼッションするように。
川崎の左サイド、つまりトリニータの右サイドにジュニーニョが陣取り、
俺の松原とマッチアップ。やってやれ!って想いで熱視線を送ってやりました。
席の周りは川崎サポーターだらけですからね、熱視線です。
残念ながら守備においては、ほとんど抑えられませんでした。
サイドからクロスを上げられ放題、失点場面も左のクロスからでした。
ゴール前でこぼれたボールを押しこまれたんだけれども、同じサイド起点。


前半なんとか1失点で凌いだものの、松原は札幌戦同様、前半で交代。
ジョンハンが左に入り、ドンミョンが右に移動となりました。
ただ、後半に入ってもジュニーニョは止められずお得意のカウンター的に
サイドを駆け上がり、良質のクロスを供給し続ける嫌な攻撃を続け、
2失点目はジュニーニョのクロスがアシストとなりました。
3失点目はコーナーキックのこぼれ球を押しこまれ、
4失点目はスルーパスに反応したGK清水がペナルティエリア内で
相手を倒したと判定されてPKを献上。これを決められて終戦。
J2じゃそんなパス出す奴いねぇよ、っていうパスが裏のスペースに
ズバズバ通ったり、スピードであったり判断であったり、
試合運びであったり、動き出しであったり、球際であったり、
力の差が見えたのは事実でした。


途中で入った西は元気そうで、決定機もあったのですがアウェイだし、
西はホームで決める男のせいかシュートは相手GKに阻止されました。
小手川の復帰、スタメン奪取に続きジョンハンと西の復帰については
喜ばしいことでしたが、それ以外は良いところ無しの試合でした。
札幌戦の悔しさとはひと味違う悔しさで。
昇格争いに加われない悔しさと違う、何だろう?もっとやれたはずだろうし、
やれなかった現実とか、川崎が余裕で試合運びしてて、
慌てさせられなかったとか、色いろあるんだがとにかく悔しかった。
主審のジャッジなんか関係ない。
選手たちはもっと悔しいはずだろうよ。



これで観に行ける残り試合は栃木戦のみとなりました。
帰ってきた怪我人と、夏ごろに垣間見えた面白いサッカーの復活を望みながら、
この悔しさをバネに、残りのリーグ戦全勝を目指して頑張って欲しい。
天皇杯は毎年あっさり終わるのですが、今年は徳島に勝ってくれて、
この悔しさを目の前で味あわせてもらってるのはまだ良いことかもしれない。
選手と一緒に悔しい思いをしながら、成長を見守る。熱視線で。
今年実現出来なかった3連勝を。


・・・俺の松原よ、努力だぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿