2011年11月27日日曜日

2011年 J2 第37節 栃木戦

【栃木 2 - 1 大分】



今シーズン生観戦最終節、行って参りました栃木へ。
昨年はお盆に帰省していたため、栃木には行ってませんでしたから、
今回が初めてのグリーンスタジアムへの参戦となりました。


家から2時間程度電車に揺られ、宇都宮に到着。
駅前の「みんみん」で餃子を食べ、無料シャトルバスに30分ほど揺られて
スタジアムに到着するわけですが、このバスが素晴らしい。
無料ですよ?無料!素晴らしい。バス自体も豪華なバスで全員着席が
前提になってるバスです。修学旅行行く時に乗るやつです。
後ろの席にヤンキーが乗るバスです。次降りますボタンが無いやつ。
しかもアウェイ側近くまでぐるっと回ってくれる降車駅2駅選択制採用ですよぉ!
このバスはJリーグ屈指のホスピタリティじゃないだろうか。
是非続けて欲しいです。あのバス素晴らしいです。


バスだけで語りすぎましたが、今回最終観戦とあって気合十分。
苦手の黄色いユニフォームのチームを倒して総決算としたかったのです。
怪我人も戻ってきて、1桁順位を目指して有終の美を飾りたかった。
勝ち点を託したスタメンはこちら。



西が戻ったものの、幸野がスタメン奪取。
阪田が久々にスタメン。韓流両サイド。GKは丹野。
対する栃木はスタートダッシュに成功したものの、
シーズン終盤に勝てない時期が続き、昇格レースから脱落。
来季も松田監督の続投が決まり、来季に向けてホーム最終戦を
勝利で飾りたいという高いモチベーションが伝わって来ました。
そんなスタジアムの様子。素晴らしいスタジアム環境でした。





このところ前半の出来が悪いトリニータですが、
この試合に関しては選手の動きは悪くなかったと思います。
栃木とアグレッシブな好ゲームを演じてくれました。
スリリングではありましたが。


で、ハーフタイムに特別ゲスト登場の呼び込みが。
U字工事でも来るのかと思いきや、マスコットの猿が。
トッキーという、うちの土岐田とは無関係の猿が登場しました。
スタジアムDJがさかんに「間に合ったよー」と連呼していたことから、
ギリギリの納期で調整された模様です。
まだピカピカですが、いずれ数年後に汚くなったときに
懐かしく回顧してもらえるように動画撮っときました。



バサジィの猿を思い出した人が多かったと思うけれども、
まぁ、猿なんてどこにでもいるし。空似ですね。
キーポンファイティン。身軽な身のこなしのマスコット誕生おめでとう。


さて後半、コーナーキックから森島が頭で合わせて先制した後からは
かなり苦しい時間帯が続き、同じくコーナーから追いつかれ、
一気呵成に攻めようと投入されたロボのゴールで逆転を許しました。
川崎戦ほどは力の差は感じなかったのもの、攻撃がどうも組み立てられず。
有効なサイドチェンジも少なく、チャンスメークならず。逆転負け。
残念ながら有終の美を飾ることはできませんでした・・・・。
バーに助けられた場面が多く、2失点で済んだのは幸運でしたね・・・。


試合後挨拶の様子。
この後、河原が挨拶に来てくれました。映ってませんけど。




遂に残り1試合となってしまいました。
栃木がそうであったように、ホーム最終戦は来季に向けて、
選手たちも契約を勝ち取らなければならない。プロとして生活を続けるために。
クラブも来季に向けてシーズンパスを売らなければならない。
最後の営業の場である。このまま未勝利でバトルオブ九州を持ち越す気か?
北九州も黄色いユニフォームだけれども、苦手を克服して欲しい。


今シーズンのアウェイ観戦は無事完了となりました。
シーズン終わったら総括したい。最後に写真です。




















0 件のコメント:

コメントを投稿