2011年11月2日水曜日

今週のサカマガ




今週のサカマガ。
トリニータのサポーターはFC東京戦での勝利に沸き立ちましたが、
世の中はそうでもない様子で。お陰様でブログのアクセス数も倍増でしたが、
いや、何となくそんな気はしていたんです。
サッカー界のニュースの優先度からいくと、そりゃそうでしょう、
ナビスコカップ決勝がニュースなって当然ですよね。
表紙はMVPのハンパないことで有名な鹿島の大迫選手です。
そりゃ鹿島ですよ、15冠目ですからねぇ。
我々の15倍タイトルを獲っていらっしゃる。凄いことです。
浦和は残念でしたね。リーグ戦に集中ですね。


記事としては小笠原とか田代とかが手記を載せていて、
基本はナビスコカップ一色ですよね。そりゃそうですよ。
いいんです、そんな巻頭ページは畏れ多いですから。
いいんですいいんです、J1さんの記事でえぇ、えぇ。


つつつーっと読み進んでいくとですね、出てきますね、J2の記事が。
私もう、ワクワクして読み進んだわけでございます。
そうすると週末の東京ダービーがドカーンと2ページカラーで。
FC東京のホームで行われたヴェルディとのダービー。
3万人を集めた引き分けで終わったダービーでしたね。
週末にも試合がありましたから、そりゃね、ソッチの方が
水曜日の試合よりも人が集まりますから、扱いは大きめですかねー。
まぁまぁ、33節はそうか、と。


で、ページめくるわけです。
そうすると石川直宏のインタビューが始まるわけです。
あぁ、やっぱり注目されてるFC東京ですからね。
これに4ページも使っちゃうんだと。
ただ、このインタビューに大分戦が出てくるわけです。
大分戦は負けて逆に良かった、とか、
あの日は選手とサポーターの気が抜けていた、ぬるかったとか、
大分はJ2中位だから昇格もないし、上位に対してモチベーション高くて
必死でしたねーみたいな・・・・・
この辺りからイラッっとですね・・・・・
イライラっとし始めまして・・・


それでもページをめくるわけです。
そうすると33節の千葉vs徳島の記事が1ページ出てきて。
徳島が勝って昇格戦線に踏みとどまった試合。
昇格争いしか記事にならないみたいですよ・・・・。
もう絶望的になって読み進んでいくと、33節のまとめがあって、
愛媛戦は引き分けだったんでまぁ、良いんですさっさと読み進める。


そうするとようやく、ようやく出てきたんです。90ページ目に。
大分トリニータの記事が。全102ページの90ページ目にやっと。
第7節のレビューが。右端に7節終わっての順位表。
その左、上半分、1ページの3分の1ほどのスペースを割いて、
ようやく出たんです。前俊、ハセヒロの写真が掲載されていて、
それ見たらもう泣きそう。素晴らしい試合だったのにこの程度かと。
悔しいけれど、これが現実。


それでも写真が載ってたし、まだマシな方かも知れない。
小さい扱いだったけれども記事になっていた。
これ以上を望むなら昇格争いをしなければならない。
順位を上げなければ。


順位を上げるための戦いは残り5試合。
苦手千葉をホームに迎え、巨大なオーロイと戦う。
オーロイ本当にでっかかったし、ミリガンのロングスローも必見。
出場するかどうかは知らんけど。
小手川復帰戦にもなりそう。勝てば1桁順位もみえてくる。
千葉も注目されやすい相手。勝てば千葉も昇格戦から脱落確実。
まだ諦めない。もっと記事に。もっと記事になってくれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿