2012年3月17日土曜日

2012年 J2 第3節 山形戦

【山形 3 - 2 大分】


3点以上点が入る試合が続く、今年のトリニータ。自宅でスカパー観戦でした。サカマガ感想文さえブログに書けない程度に引き続きお仕事が忙しく、山形には参戦できず。雪が残るスタジアムで、きっと寒くて硬くなったんです、また開幕戦のように。雨交じりの冷たい雰囲気の山形。スリッピーなピッチ上でボールの扱いは難しかったと思うが、そんなに悲観するような内容では無かったように思う。


この試合のスタメン。前節栃木戦で一発レッドのジョンヒョンに代わって予想通りの作田が先発。昨年からの3バックなので不安はなかった。前線の3人は流動的。ジョンハンがワントップ気味だとは思うのだが。





対する山形はJ1から降格したものの、ほぼほぼ主力の維持に成功し巻き返しを図るシーズン。試合を見るかぎり、奥野監督は山形のサッカーのベースを崩さないまま活用している模様。大崩れしないチームの作り方を選択できる人という印象。


試合開始から前節に続いてアグレッシブな守備を出せていたトリニータ。しかし、そこはJ1から降りてきた男たち。足元の技術、球際の強さ、連携などトリニータを1つ上回る印象。やはり今シーズンは前でボールを奪えるシーンが格段に増え、奪われてもすぐに奪い返す攻守の切り替えの早さが特徴になっているのだが、山形も似たようなチームで成熟度で負けたか。


失点シーンは前半、阪田が痛んでピッチから出てる間のPKから。後半の2失点目はコーナーキックのこぼれ球を押しこまれて。3失点目は阪田を交代した直後のロングボールを山﨑にきっちりと決められて。失点の中身を振り返ると完全に崩されて・・・・みたいな失点はなかったのだ。3失点目は簡単に点を取られたし。。


この失点で自宅で白目剥いて意気消沈していたのだが、攻撃力にかけては何かもってる今季のトリニータ。村井のミドルを皮切りに、三平のゴールもあって1点差まで山形を追い詰める。ここは頑張ったと思う。追いかけることを諦めなかった。


結果3-2で敗れたわけだが、内容的に悲観的になるほどのものではなかったと思うのだ。開幕戦より断然中身があった。栃木戦は栃木が酷すぎた。山形はしっかりしていた。この違いかと。それでも2点取れた。怪我人が不安だがホームに戻ってもう一度課題の確認してホーム初勝利を挙げて欲しい。


山形はやっぱりやりよると思う、今シーズン。

0 件のコメント:

コメントを投稿