2012年4月15日日曜日

2012年 J2 第8節 徳島戦

【大分 0 - 0 徳島】


前節甲府に敗れた大分と、東京Vに敗れた徳島。連敗を避けたい両者の戦いはトリニータにとって今シーズン初めての引き分けで、スコアレスドローとなりました。書き出しはスポーツニュースのような文章を意識してみました。スカパー観戦していた軽い影響です。はい、スタメンです。





そろそろ何か変えるかとなと思っていたら、土岐田が怪我していたという話。スタメンの変更はそっちの影響が大きかったかも。まだ本調子ではない高松をワントップにスクランブル先発。為田をシャドーで、ドンミョンを左に使って石神を3バックの左に下げる。ユース育ちの2シャドー。


対する徳島は今年から小林伸二監督を迎え津田、ジオゴのフィジカル強めの2トップにFC東京から移籍したキャプテンを務める鈴木など、タレントは揃ってる印象。柿谷はいなくなったけれども十分な攻撃力を誇るメンバーを揃えている。昨年惜しいところで昇格を逃し、今年にかける意気込みはあったのだろうけれども序盤戦上手くいってない模様。


前半、チャンスが多かったのはトリニータ。ワントップ高松がボールを収められるのでシャドーの二人も前で絡めるし、全体的に押し上げられるし、そうなるとそこからサイドを替えたりしてチャンスが作れていました。特に今シーズン初先発となった左サイドのイドンミョンが人が変わったように躍動。クロスの精度も上がったし、石神を下げてまで使ってみたくなる理由が明白だった。今シーズンは選手間の競争もあって良いですね。実に良いです。怪我人が絶えないのが気になりますが。


しかし、イドンミョン。個人的には「なぜそこでそのプレーを選択するんだ?」っていうのが多すぎてサッカー観が合わない選手なのだけれども、成長していた。こういうのも面白いんですよね、同じチームをずーっと見続けるって。


チャンスはあったものの、ポストに阻まれるなど決め切れないまま0-0で迎えた後半。徳島が攻勢に出る。ピッチを広く使え、サポートを徹底しろという小林伸二監督指示のもと、後半は徳島がチャンス多めだった。だがGK清水が今節もよく守ったし、阪田も素晴らしかった。木島を投入してもチャンスが増えないまま、タイムアップ。だが選手たちはよく走った良いゲームだったと思う。こういうゲームを続けられれば上位に留まることは出来ると思う。しぶとく生き延びたい。


8試合を終えて現在8位。無敗のまま首位をひた走る湘南以下、京都、東京V、甲府、山形、千葉、栃木に続く。湘南以外は予想できたけれども、この下に大分がくるって予想していた専門家もいなかったからね。シーズンの約20%を消化して6位以内は完全射程圏内。このままの調子で折り返したい。観客も増やしたい。頑張り続けるしか無い。

2 件のコメント:

  1. いつも見てますよ。僕も湘南がこんなに抜けるとういう点以外は残りのチームどっこいと思ってました。大分トリニータもプレーオフ圏内なら十分は入れると思ってます。名波さんは割と上位にトリニータ予想してくれてましたねww

    返信削除
  2. いだ様

    コメントありがとうございます。今シーズンのJ2は予測できない要素が多いですね。トリニータに注目していて下さい。もしかすると2位に入るかも知れませんし。今シーズン、まともな状況で試合ができてないのにも関わらず、勝ち点稼げてますので、湘南を止めるのはトリニータかもしれないですよ!名波さんは結構まじめに研究してますね、監督になる気満々でしょうね、あの人。楽しみです。

    返信削除