2012年4月22日日曜日

2012年 J2 第9節 富山戦


【富山 2 - 3 大分】


カターレ富山と雨と風と劣悪なピッチとイエローカード出したがる主審との困難な戦い。アウェイ感満載の富山にはお仕事で疲れて行けずスカパー観戦でした。スタメンには大きな動きが。GWの連戦なども見据えた上でのマネジメントなのか、怪我から復帰の森島スタメンを筆頭にボランチに為田という選択。村井に何かあったかもしれんけど、連戦が始まるから無理はさせない、と予測。スカパーでは3-5-2のツインタワーツートップでしたけど、実際は流動的なワントップツーシャドーかと。自由に動いてるっぽいのでどっちも大して変わらんけど。



昨年、ファウルをとってもらえない前俊が堪りかねて顔をムギュっとしたアウェイ富山戦の事件。あの日高主審がまたもやアウェイ富山戦に降臨。今シーズンの開幕戦で出会ったばかりで、もう今シーズンはしばらく会わないだろうと思いきや、「またお前か」そう思ったサポーターは多かったんじゃないでしょうか。


前半はトリニータが風下。コイントスで富山が風上のピッチを選択したものの、両チームの選手共に雨で濡れたピッチに踏ん張りがきかず、サッカーが形にならない。これは前半凌いで後半勝負に持ち込みたいなと、そう考えていた矢先コーナーキックの跳ね返りが高く上に上がったボールをJ2屈指のごっついDF福田にバックヘッドで押し込まれる。清水が飛んで手を伸ばすより先に頭に当てられるっていうのは凄い。高かったし強かった。


凌ぐはずが、早い時間にリードを奪われてさらに難しい試合になったこの試合、それでも今年は違う。違うのですよ。42分に右サイドから三平が上げたクロスを富山キャプテン8番大西がナイスヘッドと言わざるを得ないレベルのオウンゴール。何があったのか一瞬間が空いたけれども、入れば1点。前半のうちに相手のミスではあるけど追いつけたのは幸運。運も味方につけなきゃJ1に行くには。


これで風上にピッチを替えて逆転する予定だった後半開始早々、右サイドでファウルを奪われてFKからゴニョゴニョとクロスを上げられ、中で待っていた富山DF福田にまたもやヘディングでゴールを決められる。強い、高い。このDF、髪型とか髭とかその風貌、うちに欲しい。


折角風上になったのに出鼻をくじかれた形となったトリニータ。だがまだ時間はたっぷりある。高松も森島も前線にいる。ピッチはグズグズだし何が起こるかは分からない。60分、諦めない心が実を結ぶ。右サイドスローインからのボールを森島がクロス、中央で高松がどんぴしゃダイビングヘッドで同点に追いつく。今度は味方が決めました。


この時間帯から富山は簡単にボールを蹴って前線にロングボールを入れてばかりに。富山は安間監督が折角良いチームを作っても、このピッチじゃ安定した力を発揮できない残念なチームだと思う。観客も雨と風の影響もあってか2003人。ピッチを何とかしてあげろよ富山県。


富山の単純な攻めを跳ね返し続け、セカンドボール拾って攻め続けるトリニータは高松に代えてジョーカー木島を投入すると、またも右サイドのスローインからチャンスメイク。76分三平、木島と粘って最後はドンミョン(たぶん)のクロス。これを森島がダイレクトボレーで上手に沈めて遂に逆転。逆転ですよ!!色々なものに負けずに!!


長いロスタイムも乗り切って、アウェイ富山で勝ち点3を得ることに成功。昨年悔しい思いをした前俊に伝えてあげたい。トリニータは成長し、日高主審も若干成長しました。4枚もカード出したけど。この主審はカード出さずに試合を行うっていう発想がそもそもないと思う。サッカーは反則があって当たり前、それを裁くのが主審という根本思想なんだろうと思う。もう今シーズンは当たりたくないというのが正直なところ。でも今日はそんなに悪くはなかった。


この日の収穫は実は為田なんじゃないのかと。前線にも顔を出すし、キャプテン宮沢の配慮もあって攻撃的に自由にやれてたんじゃないのか。ボランチとしてもやれるって、凄いなおい。ボールの扱いが上手いし、走れるし、縦パスも入れられるし面白い試みだった。若手が良いです。GWは若手を観に行きましょう。


交通の便も乱れがあって、サポーターの移動も大変だったろうけど、向かい風だらけの試合をモノにできて本当にこの勝利は大きかったと思う。だって6位だもの。6位ですよ、6位。俺ぐらいしか予想してないんじゃないか。プレーオフ圏内。次節は上位の京都と直接対決。3位と6位の対決です。


注目はジョーカー対決。原一樹vs木島悠。原は出場時間短いのに恐ろしいほど点取ってる。これに勝てれば一気に上位進出のチャンス。勝ち点1でも上出来の試合だが、ぜひとも打ち負かしてアピールして欲しい。節目の10節。注目。行くぞ京都。待ってろ古都。

0 件のコメント:

コメントを投稿