2012年5月20日日曜日

2012年 J2 第15節 町田戦


【大分 2 - 1 町田】


小田急鉄道粉砕!FC町田ゼルビアを迎えた、湘南戦の勝ち点1を活かすために負けられない試合。スカパーで生観戦してました。九州初上陸の町田。ようこそJリーグへ。ようこそド田舎へ。多くはないけれどもサポーターさんいましたね。ご苦労様でした。早速フォーメーションから振り返ると、3バックに土岐田が復帰。両サイドも湘南レンタル組が復帰。湘南戦でハマったフォーメーションでスタートしてました。阪田は風邪でお休み。




3-5-2と呼んでいいのか、3-1-4-2と呼ぶべきか。湘南戦で上手くいったんだから20位の町田相手にも効果はあるだろう・・・・そう思えた時間は長く続かなかった。キックオフ後から町田がポゼッションし、ペースを掴まれまくり。シュートチャンスも作れず翻弄されまくる。得意のセットプレーから三平が押し込んで先制出来たものの、その後もずっと町田ペース。これは何時失点してもおかしくないよねって予感が当たり、縦一本で裏に抜けだされて同点に追いつかれてしまう。再三町田のFW平本にチャンスを作られてた。危なっかしいと思ってたらやっぱりですよ。


試合後のコメントを読むと町田のアルディレス監督は大分の右サイドを封殺した様子。ドンミョンと三平が高い位置を取れないと右サイドはただのザルであることがバレている様子。攻撃ありきのフォーメーションを逆手に取られた。ハーフタイムに修正出来たんだが、こういうのを前半のうちに選手たちだけで感じ取ってフォーメーションを変えられたらあの失点は無かっただろうに。選手間で出来ちゃえば完璧なんだが。


後半は安心と信頼の3-4-3に戻して今度は町田を封殺。波状攻撃が出来た時間帯もあったし、ペースは取り戻せた。ほとんどチャンスを作らせることもなく、前半不安だった3バックも何とか体裁を保てた。守備で余裕が出たからか、84分に作田がコーナーキックを直接押し込んで逆転。


何とか、ギリギリ勝利出来ただけの試合になってしまいましたが、勝ち点3を得られたのは大きい。湘南戦の引き分けを見事に活かせた。しかし・・・・勝てたけれども快勝ではなく、ヒヤヒヤしっぱなしの90分でした。ロスタイムも長かったし。収穫といえば俺の松原が交代で今季初出場できたことくらいか。俺の松原が元気になった姿を見れて一安心。すぐにU-19で南アフリカに出発するみたいだが、修行を積んでおいで。トリニータはこれで8戦負けなし。小田急ロマンスカーを見事にストップした今節。次節はJR東日本・・・・・苦手のジェフ千葉を迎えて必勝のダイハツ九州スペシャルデー。勝負の日!!


この不景気の中、業績の良い数少ない製造業のダイハツ関係者様がですよ?来られるわけですよ!!家電メーカーが軒並み大赤字を出す今の世の中でですよ?過去最高益を達成した企業様のスペシャルデーですよ!!ミライースの大ヒットで最終利益651億円の子会社様です。勝たなければならない。いろんな意味で。千葉には今、勝たなければならない。動員的にも頑張らなければ。エコカーをアジアにアピールするためには我々がACLで優勝せねばなるまい。3億円なんてね、広告費と思えば少ないもんですよと。そう思わせる試合を行わなければならぬ。前半戦の大きな山場。千葉戦。負けられぬ!!ダイハツ九州スペシャルデーだもの!!車の展示には人だかりの群れがきっとできるに決まってる。免許持ってない人も興味ありそうな素振りでミライースを凝視する人の群れが!!色んな意味で勝負!!

0 件のコメント:

コメントを投稿