2012年6月24日日曜日

2012年 J2 第21節 北九州戦

【北九州 0 - 2 大分】


ちょうど折り返し地点、節目の第21節にアウェイでバトルオブ九州、北九州戦となりました。家でスカパー観戦でしたが、どうもこの本城陸上競技場は雨が降るとカメラに水滴が付きまくりで見難いったらありゃしない。毎年同じ事書いてる気がする。まるで設備的に手を打つ気がない北九州市とスカパーは酷い。放送として有り得ないレベルである。恥ずかしいと思わないのか、中継してる人間たちは。視聴者は少ないだろうけれども、やってるのはプロだろ?前半は金返せレベルでした・・・。


そんな風雨の強いスタジアムには明らかに北九州より多くのサポーターが集まり、スタンド裏を青く染め、聞き慣れたチャントしか聞こえてこないというホームの雰囲気を醸しだしてくれていました。沢山のサポーター、雨の中おつかめさまでした。応援はすごかった。雨に濡れて最初からちょっとヤケクソ気味なのは伝わって来ました。やっぱり気合の入るバトルオブ九州なんですよね。スタメンは為田が復帰。





キックオフ直後は北九州が一気呵成にペースを掴みかけるかと思いきや、前半11分に左のコーナーキックから三平が頭でドンピシャ押し込んで先制すると、前線からはチェイシング、最終ラインではクロスやロングボールを跳ね返し続け、安定した守備を披露してくれました。北九州の強めのボディコンタクトにも負けず、前線からの守備も形になっていた。前半35分、その成果か前からのプレッシャーに北九州DFがGKにバックパス。そのパスが水たまりでスピードが落ち、西が詰めてGKと交錯、こぼれ球を森島が落ち着いて決めて追加点。もうここから負ける気はしなかった。後半も最後まで時間を使い、守りぬいて4連勝となりました。激しいボディコンタクトにも冷静に戦えていた好印象です。



そして、遂にというかようやくというか、バトルオブ九州初勝利ですよぉぉぉぉぉ!本当に待たせ過ぎだろうがぁぁぁぁこのぉぉぉ。よく戦ったよぉぉぉぉ。



ということで、J2も日程を半分消化。現在トリニータは首位との勝ち点差1の5位。5位だけど勝ち点差が1しかないから2位みたいなもん。ちなみに開幕前の個人的な予想はこんな感じ。半分終わっての現実と比べてみた。










































予想より徳島が伸び悩み、湘南が意地を見せ、松本が奮闘し、岡山が躍進するJ2半分のシーズン。大分は専門家の予想を大きく裏切ってしぶとく上位に残ってくれています。サポーター以外の誰が予想したでしょうか。素晴らしい前半戦だった。だが内容は必ずしも伴っていない。それは関係者皆が感じていることだと思う。内容が安定し、自分たちのサッカーを貫くことが出来れば、上位陣からも勝ち星を奪うことができるだろう。後半戦の課題は上位から勝ち星を奪えるかどうか。勝負の夏はすぐそこまで来ている。シーズンも残り半分。こうなったら優勝して賞金2000万円も貰おう!

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    今晩は。
    ついにやりました!!
    バトQ初勝利!!
    本当~~に長かったですねえ(^^;)

    びしょ濡れにはなりましたが、幸せでした!(^^)!

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    現地に行かれたのですね、いやー素晴らしい。雨の中ご苦労様でした。あれで負けてたらって思うとゾッとしますが、信じてた人があんなに沢山いたらそりゃ勝てますよね。素晴らしいサポートでした。今シーズンはやっぱり違いますね。勝負の年です。

    返信削除