2012年8月5日日曜日

2012年 J2 第27節 徳島戦


【徳島 0 - 4 大分】


電光石火の先制点をスカパー!観戦で油断して見逃しました。アウェイでの四国連戦は4得点と完勝で締めくくりました。森島の出場停止もあって、先発は高松。それ以外は変わらず。ただしベンチメンバーには新加入の林を登録。なけなしの予算でギリギリの補強だと思われます。コストパフォーマンスの高さに期待したい。





徳島はこのところ調子を上げていて、7月は負けなし。そこはやはり小林伸二監督ですしね、栃木や横浜FCのようにシーズン最初は苦しんだけれども徐々に順位を上げてくるだろうチームだと思ってましたし、苦しい戦いになるだろうなと。しかし蓋を開けてみるとあっという間の先制点から楽な展開となりました。


ロングボールを高松が落とし、セカンドボールを拾った村井が左足一閃。開始1分でのゴール。もう0-1で試合をスタートしたようなもの。ファーストシュートが得点につながり楽に試合を進めることができそうでした。さらに、前半20分に徳島MFの青山がスライディングの際に高松のスネにスパイクの足裏をぶつけて一発レッド。更に楽な展開に・・・なるはずでした。


退場者が出た直後は何度か畳み掛けることが出来たのですが、小林監督がFW津田を下げてMF濱田を投入すると徳島はジオゴをワントップに守備ブロックを下げて対応。シュートの形にさえ持ち込めず、そのまま前半終了となりました。前半はシュート1本で得点1という珍しい状態に。退場者出して割り切った感じになってやりづらくなってしまった。ここは残念でした。余裕を持ちすぎると逆に良くないっていう、トリニータは難しいチームです。


後半、同様にシュートまで持ち込めない展開が続きながらも、戦い方は落ち着いた感じのあったトリニータ。16分に西がいつもそれくらい落ち着いてシュート打ってくれればいいのにっていうくらいのドリブル&シュート。これが綺麗に決まって2本目のシュートで2点目。これでぐっと楽になりました。24分には左サイド石神のクロスを息ぴったり神奈川大学コンビ三平が合わせてシュート3本で3得点目。異常に高い決定率。打てば入るんじゃないかっていう状態。こんなの数年に1回なんだからもっと打てよと。28分には高松に代わって入ったジョンハンのミドルを徳島GKが弾き、村井が詰めて今日2点目。シュート5本で4得点。完勝。


徳島が最後まで諦めずに頑張ってた点もあって、得点差があるのになぜか疲弊させられた感じはあるけれども3枚目に林を試す余裕も出来て良かったと思います。木島と同じタイプじゃないかなと思うのです。林って。木島がしばらく結果を残せなくてジョーカー的に攻撃に使える手札を増やしたかったのだろうか。両サイドの石神、三平に代われるクオリティの選手がいないので、どっちかに何かがあった時にサイドでも使える選手だと価値はあると思うのだがどうでしょうか。


四国から2週連続で勝ち点3を持って帰ってくれたトリニータ。首位甲府との勝ち点差は僅かに「2」です。つまり、直接対決で勝利すると首位になれるのです。最悪でもこのままの状態で9.2のJ2天下取りイベントまで維持して欲しい。先に首位になって甲府を迎え撃つでも良いんですけどね。ここにきて企画が輝き始めましたよ。素晴らしいことです。


支援金はラストスパート。勝ったし、気持よく振り込もう。


2 件のコメント:

  1. 本当に連勝に感動!!!
    盆休みまで突っ走って、まずはバト九連勝へ!
    そんでもって天下取りへ!!!

    早速の更新にも感動!!!
    いつも楽しみにしてますよ!

    返信削除
  2. NEDC様

    コメントありがとうございます。完勝でハイテンションですねー。本当に気持ち良い勝利でした。ようやくジンクスを破った鬼門の九州ダービーですが、今の状態なら良い結果を期待できるでしょうね。芝の状態が良くなってるといいのですが・・・。

    返信削除