2012年9月17日月曜日

2012年 J2 第34節 熊本戦

【熊本 2 - 1 大分】


2012年最後の連戦。厳しい日程もこれで最後。中二日で熊本を倒して上位との差を縮めたかったんですけど失敗に終わりました。自宅でスカパー観戦していましたが、開催も危ぶまれた台風の影響もあって強風下での試合がテレビを通じても伝わって来ました。そんな中でも多くのトリニータサポーターが駆けつけてました。





中二日でも基本スタメンはいじらない田坂監督。安川がベンチにも入っていなかったので怪我でしょうか?代わりに作田が入る。変更点はここだけ。スカパーでは2トップ2シャドー表記だったんですけど、俺の目には押し込まれっぱなしで為田と丸谷がシャドーには見えず、アンカー+ドイスボランチに見えるのでこんな感じのフォーメーション図にしてます。


京都戦では無失点で終えたこのフォーメーションですが、熊本は中盤でパスを回すというよりも早めに中盤を省略してボールを入れてくるのであまり意味がなかったような気が。風向きを考慮すれば前半のうちにどうしても先制したかった。それがカウンターから先制されたもんだから試合運びとしては難しくなってしまった。


後半に西のゴールで追いつけたものの、その直後に本当に簡単なクロスから失点してしまって非常にもったいない形だったと思う。西は頑張ってたし、得点シーンは美しかった。素晴らしかった。


書いてて虚しくなってきたけれども、今日は本当に勝てれば大きかったのに。もったいない。あぁもったいない。バトルオブ九州は本当に苦手である。まだ福岡戦を残しているのでそこでは意地をみせて欲しい。運の良いことに他の上位陣もほぼ総崩れだったので3位のまま。勝ってれば差を詰められただけに本当に・・・・・惜しい。


臨機応変なサッカーが出来るにはもうちょっとかかりそうか。
残り8試合。


0 件のコメント:

コメントを投稿