2012年9月24日月曜日

2012年 J2 第35節 栃木戦

【大分 0 - 1 栃木】


最近「痛い敗戦」とか「痛い連敗」とか、「痛い」が紙面を飾ることが多くなってきたトリニータですが本日も痛恨の試合となってしまいました。お仕事が忙しくてサカマガすらまともに読めない状況ですが、今週末はガッツリ身体を休めながらスカパー生観戦してました。10月からは暇になる予定です・・・・はい。


今節のスタメンには変化あり。左CBに石神が入り、左サイドにジョンハン。怪我からようやく復帰の裕大を突然のスタメン抜擢。2トップの一角は西ではなく村井。



今日は押し込まれる場面がほぼ無かったので、ツートップツーシャドーで画像を作ってみたけれども、こんなフォーメーションだったか?どうもしっくりこないけど、今日は丸谷にも裕大も前線に出て攻撃に絡む回数が多かったように思います。


栃木は第2節で0-3で勝利した頃からしばらく不調が続いてましたけど、パウリーニョが復帰してから立て直して上位までたどり着いたような気がしてます。個人的にはロボもトリポジもジャイロもいなくなってちょっと退屈なチームになってしまったと思ってます。えぇ、獲得する外国人の名前だけ期待してます。


試合内容としてはCB石神とか、左サイドにジョンハンとか、いきなりのスタメンで裕大は大丈夫かと色々と不安はありましたけどまぁ、栃木にボールを下げさせる守備が出来ていたし、何とかなりそうだなという手応えを感じ始めた12分過ぎだったかな?最初に与えたCKでポッカリ与えた真ん中のスペースにポーンと出たボールをダイビングヘッドで決められてしまい、与えてはいけなかった先制点を奪われてしまう。


こうなるとですね、途端に試合が難しくなるのが今のトリニータ。失点前からそもそも栃木の攻撃が単発的なものばかりで放り込む、跳ね返すの繰り返し。あの失点さえなければまぁ負けはしなかっただろうなと思える内容でした。


後半に森島のヘディングシュートがポストを直撃するなど惜しい場面もありましたし、途中出場の木島が2節の頃の様なキレのあるドリブルをみせてくれていたのがハイライト。得点できずにタイムアップとなりました。


結果以外必要ない状況で、内容だけ良いとか喜んでいいんだか何だか消化不良な気持ちでいっぱいです。裕大の復帰は心から歓迎したいけど、なぜに今日このタイミングだったのかはよく分からないことになってしまっていたのが残念。大活躍させて復帰させてあげたかったなぁ。


中々勝ち点を伸ばせないもどかしい状況で後ろからの追い上げもキツくなってきて佳境っぽさが出まくりの2012年シーズンも残り7試合となりました。主導権を握ると大体得点もできずに負けてしまい、攻められっぱなしだとセットプレーで1点入れて勝ち逃げするとか本当に不思議なチームが出来上がってしまいましたが、ここまできたらもう最後までブレずにこんな感じで最後まで突っ走るしかないと腹を括りました。


やってやろうじゃないか、このチームと共に残り7試合を。チャンスはまだあるんだから挑もうじゃないか。次節、降格の危機に追い込まれた町田との一戦も簡単な相手じゃないけれども、町田も追い込まれてるからそこ主導権を握ろうとするはずだ。そうなればこっちのもんだ。やってやろうじゃないか。


0 件のコメント:

コメントを投稿