2012年10月7日日曜日

2012年 J2 第37節 横浜FC戦

【大分 1 - 2 横浜FC】


この試合を含めて残り6試合でしたが、負けてしまいました。カレンダー上は3連休の中日にどこにも行かずにスカパー生観戦してましたよ・・・・。それなのに負けた・・・・。キーボード打つ手が、指が重い。ショックが大きかったこの試合のスタメンは前節と同じ。





試合立ち上がりから一気呵成に横浜FCが攻めて来ます。ボールを保持される場面が多かったんだけれども、これはあれです、いつもの回されてるんじゃなくて、回させてるってやつなんだと、自分に言い聞かせてましたけど、そのままの流れで先制されちまったもんだからもう、意気消沈です。早い時間だとしても、先制されたらほとんど勝ててないことを知ってるだけに、心折れて寝ながら観てしまいました。


佳境に入り、1試合1試合にかかる意気込みの比重が高まるに連れて勝った時と負けた時の反動が大きすぎて、実生活に支障が出るレベルです。勝つと全てにモチベーションが上がるけれども、負けると本当にやる気がなくなる。先制されたらもう、負けたようなものじゃないですか、今シーズンは。もう前半途中で白目剥いて寝てたんです。


しかし、後半に入り森島がPKを獲得。自らキッチリと決めて同点に追いつくと途端にやる気が出たわけです。再び座って観戦。久々の逆転勝利なるかと意気込んで観てたらあっさりと突き放される訳です。もう寝ませんよ、座ったまま白目剥いて観戦です。惜しくも得点ならず、このまま負けました・・・。


しかしですよ、攻撃の形やチャンスメイクは格段に質の高いものになったと感じたのです。あとは決めるだけ。決めていれば・・・・。


これからまた、一週間沈んだ気持ちで過ごすことになりますが、次節はアウェイ千葉戦。残り5試合。全て決勝戦のつもりで挑む所存にございます。あぁ、勝ちたかった。久々に一万人も観客が入ったのに、勝ちたかった。白目剥いても下を向く暇はない。切り替えて千葉戦!


0 件のコメント:

コメントを投稿