2013年3月16日土曜日

2013年 J1 第3節 浦和戦

【大分 2 - 2 浦和】

開始10分で3点が入るという、ドタバタの第3節。生きた心地のしないハラハラドキドキの展開。大銀ドームで応援された方々はお疲れ様でした。J1の試合は眠くなったりしなくて良いですね!パススピード、ボールの奪い合い、試合展開、レベルが高くて面白い!さすがはトップリーグ。勝てると尚良いのだけど・・・。ということで第3節浦和戦をスカパーで生観戦していました。火曜日にACLの試合を消化した浦和は日本代表レベルの選手をごっそり抱え、マルシオ・リシャルデスがベンチスタートするくらいの分厚さ。沢山のサポーターがゴール裏にも陣取り、青と赤のコントラストが緑のピッチに映える。バックスタンドにもう少しお客さんが入って欲しいけど。ホームに戻った大分トリニータの先発は開幕戦の並びに戻りました。



松本怜が開幕戦のケガから早めに復帰できたので一安心。川崎戦で先発した阪田はベンチにも入らず。怪我かな?深谷もいないので早くもCB不足か?安川や若狭が浦和相手にどこまでやれるのか、期待と不安のキックオフでした。


開始直後は浦和ボールで始まったものの、ファーストシュートが外れてからトリニータのマイボールになった途端になぜかスイッチが入った我軍。右サイドでボールをポゼッションしながら攻め続ける。木村のクロスを高松がドンピシャヘッド。バーに跳ね返ったところを丸谷が押し込んで予想外の先制。開始2分。広島からレンタル中の丸谷はペトロビッチ監督を前に成長を見せつけてくれた。そして遂に放送されている試合でのゴール。おめでとう丸谷。


1節、2節に続いて3節も先制できたので安心しての観戦。続いて前半5分、浦和GK加藤のDFへのパスに西がプレッシャーをかけ、こぼれたところを高松が一度切り返して冷静にボールに流しこむ。相手のミスも見逃さずプレッシャーをかけていた西、冷静な高松。会心のゴールで5分で2得点。浦和相手に。この時はもう、さすがに大分トリニータJ1優勝や!タイトル獲得や!債務超過減る!くらいまで調子に乗った。乗りまくったのだが攻撃はほぼこれで終わり。ウルトラマンよりは長く戦えるようになったがここから防戦のジャングルに迷い込む。川崎戦で風間監督が「前半選手が寝てた」って言ってましたけど、浦和の方が完全に寝てた。川崎は風間監督がスカウティングせずに寝てただけであって、浦和の選手は本当に5分寝てた。2失点で起きちゃったんだけど。


目が覚めた浦和の攻撃。川崎戦での失点にも似てる気がするのだが、左サイドからクロスを上げられ若狭が無理に原口と競り合って壮大に転がり、慌てて飛び出た丹野も間に合わずそのまま原口に無人のゴールに流し込まれる。8分で失点。3点が入るバタバタの展開。こんなに早い時間帯に1点返されて、さっきまでの調子乗り状態が嘘のように体育座りから微動だに出来ない状況が続く。我慢に我慢を重ねるトリニータだったが、42分に阿部にゴールを割られる。2失点目は右から完全に崩された。美しい展開だった。FC東京戦もそうだったけど、うっとりするほど美しい展開だとゴールが生まれますね・・・。


前半のうちに追いつかれてしまった。後半は省略。しかしJ1は見応えがある。J2なら眠くなる時間帯があったりしますが、今日は釘付けになりました。感じたのは浦和の選手の身体の強さ。鉄骨でも入ってるんじゃないかというくらい強かった。縦に速いサッカーで観てて面白かったし、それによく最後まで耐えられたと思う。槙野はガンガン上がってきてウザいことこの上なかった。安川もあれくらいウザいCBになって欲しい。終わってみればトリニータのコーナーキックが1度も無いという珍しいスタッツに。


3節終わってこのまま戦っていけるのか正直なところ、不安の方が大きい。しかし、ベテラン勢が元気なのが救いだと思う。J1を経験している高松のコンディションがここ数年で一番良さそう。守備の中心にいて冷静な対応が光りまくる高木。忙しすぎて充実感溢れてるんじゃないだろうか。若手を育てながら戦わなきゃならんのだが、戦えそうな若手ともう少し時間がかかりそうな若手とがいる状況。失うものなんか何も無い若手しかいない訳で、ビビらずに思い切って勝負して欲しい。トップカテゴリに早く慣れて、戦える時間帯を長くして欲しい。


水曜日の新潟戦はお仕事で行けなさそう。俺達のナビスカップの開幕である。個人的にはこっちの方に力を入れて欲しいと思っているのでチャンスをもらえる若手は全力で取り組んで今季初勝利をもぎ取って欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿