2013年4月14日日曜日

2013年 J1 第6節 鹿島戦 他


出張先から戻ってゆっくり休んで第6節をスカパー!観戦しました。が、その前にナビスコカップ第4節の結果をチラッとだけ。

【名古屋 1 - 1 大分】



先発をローテーションさせて挑んだアウェイでの名古屋戦。1-1で引き分けで終わりました。森島の突進ゴールで先制するも、全く意味の分からないジャッジでPKを献上。失点して同点で終わりました。内容は悪くない、初勝利まであとちょっとだ。ということで迎えたJ1第6節の鹿島戦だったのですが・・・。


【大分 2 - 3 鹿島】


残念ながらまた勝てず。しかも充実の内容だったのにも関わらず、勝ち点すら積めず。体力的に厳しそうだったヘロヘロの鹿島を仕留められずに終わりました。結果だけならただの敗北、ただし戦えるメンバー構成がようやく見えたかなと思えた。紆余曲折の末、結果的にピースがハマったのではないか。



木村や丸谷の怪我などもあり、西とマンシャがシャドーに入る。ナビスコカップで良いパフォーマンスだった宮沢をアンカーに、同じく水曜日に得点を叩きだした森島も先発。そして遂にファルコン深谷が現場復帰。このメンバーが鹿島の4-4-2を圧倒する。先制するまでは。


先制するまでもほとんどトリニータがゲームを作っていたし、先制点の形も流れの中からだった。森島の見事なクロスから高松の見事なトラップ、見事なシュートまで素晴らしかった。お見事、お見事。充実の内容で負けるはずがないと思った。今日こそ勝てると。しかし、柴崎に同点ミドルシュートを決められてしまって前半は1-1で終える。


追いつかれても負ける気はしなかったんです。鹿島も過密日程の中、ほとんどを固定メンバーで戦って身体が重そうだったし、セカンドボールほとんど拾えていたし。ツートップがどちらともボールを保持できるので、タメが出来て両サイドもシャドーもアンカーも上がれる時間が出来るし、そうなると中盤で余計なパスが減って即前線にボールを配給しても繋がるからイライラも少なかった。とにかく、良い事ずくめだったのだけれども・・・。


結果はセットプレーで追加2失点。もうね、どちらもね、セットプレー与えた時点で嫌な予感がしたのです。分かるもの、こうなってくると。森島のゴールで追いついたのは成長の証かな。追加点取れたってことだし。最後の最後にセットプレーから逆転弾を許した時はもう思わずトイレに篭ってしまった。


西のドリブルがペナルティエリア内で倒された時は明らかに手を使って押してたし、目の前で主審が観ていたのでPKだろうと思ったのだが、笛吹かれずの時が悔しかったな。もう1万人くらいトリニータサポーターがいれば笛を吹かせられたかもしれないと思った。あそこでPK獲得できて先に3点目がとれていれば・・・・。


毎回「試合内容は悪くない、次こそは」という趣旨の内容を書きすぎてもう文字を起こせなくなってきているので勝ちましょう。次こそは。湘南戦です。再び勝ちなし同士、昇格組の対決です。今日も昼にチキンカツカレーを食べたのですが、負けたのでもうカツは無し。カツを断じて勝利を得る。逆ジンクスに願を掛けることにしました。魚食べよう、魚を。

0 件のコメント:

コメントを投稿