2013年5月16日木曜日

2013年 ヤマザキナビスコカップ 第6節 鹿島戦とサカマガ

【大分 0 - 1 鹿島】

勝てないんじゃないんです!勝利給を貯蓄してるだけなんです!!(涙声で

週の真ん中水曜日、そんな台詞を叫んでみればちょっとは気が楽になるでしょうが?(無理強い)と、いうことでナビスコカップ予選リーグ第6節でした。応援に行かれた方、お疲れ様でした。Jリーグ創設20周年の記念すべきノー残業デー、わたくしは仕事を頑張ってはみたものの、仕事ゾーンプレスをかいくぐってターンして帰ることも出来ず、録画観戦となりました。結果を知ってたんですけど観ないと気が済まない。20周年ですし。





前節からスタメンは大幅に変更。為田が怪我から復帰。怪我人が多い時に戻ってきてくれて本当に助かる。ハーフタイムのインタビューで生え抜きの俺が頑張るんだ的なことを言っていて頼もしく感じた。眉毛細かったけど。松本昌也、キム・ジョンヒョンと10代の選手が3人。


前半はビックリするくらい良い形を作れていた。正直全く期待していなかったのだけれども、最近出場機会の少なかった選手たちや、若手選手達の方がトリニータのサッカーを実践出来ていた。若手はボールの扱い上手い。球際で勝ててたし、ボールを動かしながらサイドからチャンスを作れていた。相変わらずピンチはあったけれども丹野がスーパーセーブ。


後半、トニーニョがセレーゾ修正。何をどう修正したのかは正直分からなかったんだけど、そこは常勝チームで黄金時代を築いた監督。前半から心配そうな顔でマークのズレに注意喚起の指示をしていたので、的確な指示があったのだろう。この監督は選手のローテーションとかあまりせずに固定メンバーで戦い続けるイメージ。トリニータはチームマネジメントとして怪我から復帰した木村と安川を交代で出場させた。復帰した選手は試合勘を取り戻すことは出来たんじゃないだろうか。監督はきちんとマネジメント出来てる。


最後までチャンスはあった。でも結局勝てなかった。自然と応援したくなる好ゲームであった。だが最後の最後、カウンターに沈んでしまった。あと一歩が届かない。ワントラップ、ワンキックが。次に繋がる試合ではあったという評価をしてあげたいのは山々ではある。でも勝たなきゃならんよ、そろそろ。よく走ってたのは評価できる。褒めてあげたいけど褒めてあげられない。そんなやきもきした気持ちで叫んだわけです。涙声で。


新潟戦、復帰した選手と今日出場しなかった選手達が融合して初勝利を得なきゃならん。プロは勝利給を得てなんぼである。頑張れ。頑張ってくれ。賞金で債務超過を圧縮させるんでしょ?勝利給じゃないでしょ!?新潟戦勝ちに行くよ!




ついでに今週のサカマガ。珍しく表紙が良い写真。Jリーグ20周年記念試合の浦和vs鹿島の特集。誤審については1ページを割いて検証。誤審で泣いたら誤審で笑える。どこかでバランスが取れるもんです。そして遂にあの、4コマ漫画にトリニータが登場。どうせならもっとネタにして欲しいわ。それ以外は特筆すべき点は無いですかね・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿