2013年5月23日木曜日

2013年 ヤマザキナビスコカップ 第7節 鳥栖戦とサカマガ

【鳥栖 2 - 3 大分】


残業で疲れ果てて帰宅したらトリニータが勝ってました。早速録画を早回し。スカパー!に映ったスタメンに驚愕。




松田って誰や!?松原が真ん中でDFだと!!怪我人が多いけれども、まさか強化指定選手をいきなりのスタメンで使ってくるとは思わなかったし、まして松原を真ん中に使うなんても予想だにしなかったので驚いた驚いた。しかし、松田。色が黒い。いきなりすんごいシュートかましてましたけど、プロの試合で初シュートで存在感を示すって上々の伝説スタートじゃないでしょうか。後藤が今シーズン初出場。毎日のように居残り練習してたってピッチ情報がありました。後藤も頑張ってるんだなと感慨ひとしお。


鳥栖も大分も予選突破は絶望的とあって、本来ならどうでもいい消化試合なのですがそこは九州勢同士の戦い。熱くならない訳が無い。ジョナサンて誰や?九州ならジョイフルやろ!とかとにかく熱いものが込み上げてくるわけです。サポーターも多くの人が鳥栖まで遠征されてましたね、お疲れ様でした。


前半に失点して先制を許しましたが、後半から反撃開始。再三サイド攻撃をして左右に振りながらど真ん中にパスが通って受けた丸谷がシュートを決める。この後松本昌也に代えて木村を投入。徐々に平均年齢を上げ始める。押し込まれる時間帯が続くと、鳥栖がエース豊田を投入。1.5倍速再生でも嫌な予感が。案の定、野田に逆転ゴールを決められてしまう。豊田はプレーに関係なかったけど。


逆転されて逆に鳥栖が引き始めたのか、ボールを保持できるようになったトリニータ。後藤に代えてジョンハンを投入。それでも進展なく、児玉に代えて土岐田を投入。右サイドからのグラウンダーのクロスを松田が戻し、丸谷が2点目のゴールを決める。中継されてる試合でゴールを決められなかったのは過去の話だ!同点に追いつく。松田、肌が黒い。日焼けしすぎ。元気いっぱい。


そして、86分ジョンハンがいつものように左サイドから中に切れ込んでシュート。丸谷が何故かブロック。こぼれ球をシュート。コロコロとGKの逆をついて逆転ゴール。丸谷がハットトリックです。80分過ぎると明らかなスタミナ切れを起こしてへろへろになってた丸谷が最後まで得点に絡んだ。味方のシュートをブロックしてまで決めてしまった。文句なしのMVP。1点目も2点目も松田からの丸谷。何このコンビ。救世主降臨の予感。


このままタイムアップになって4年振りのナビスコカップで遂に勝利。予選敗退だけど、中断前の磐田戦に向けて若手が結果を残した。松原も守備が不安定な場面もあったけど初めてのポジションで色々と経験と自信になったと思う。強化指定の松田も最後まで元気だったし、コレは良い選手が来てくれた。


鳥栖は調子を落としているので、残留争いに絡んでくる可能性がある。勝てない状態が続くとボディブローのように効いてきますからね、知ってますからそれ。辛さを。下降線を辿ってもらって一緒に残留争いに巻き込みたい。J2では九州勢に弱いトリニータだったけど若い世代が覆してくれたのが嬉しい。残業の疲れが若干和らぎました。ありがとう若手。3点取らなきゃ勝てないチームなのかもしれんけど、勝ちゃ良いんです。勝ちゃ。




ついでに今週のサカマガ。
リーグ戦で初勝利ですけど扱いは普通。まだ最下位ですから。だがベストイレブンに2人も選ばれてました。よしよし。Jリーグが2ステージ制に戻るんじゃないか?という話題についてコラムを書くライターが多かった。サカマガ編集長が東西リーグを提唱していて面白そうでした。でも、東西リーグだとアウェイ民は寂しい。2ステージ制もお客さんが増えるとは思えないし、既存のアイデアではなく新しい試みに挑んで欲しいと思うのだが。さぁ寝よう。勝ったし寝よう。

0 件のコメント:

コメントを投稿