2013年5月6日月曜日

2013年 J1 第10節 鳥栖戦

【大分 2 - 4 鳥栖】

GWが終わっても勝つことができません。無料招待や鳥栖のサポーターが多く集まって良い雰囲気の中、鳥栖に圧倒される内容となりました。鳥栖は何点取ってもアグレッシブでした。もう、ちょ、ちょっと、そのくらいにしといてよって思うくらいに。



結果が出ていないこともあって内容云々より、とにかく勝ち点に結びつけなくてはならない状況。マンシャも出場停止とあってシステム&スタメンを変更。ハイタワーFWを前線に並べて3-4-3を試みました。DFはベテラン高木、深谷と組み合わせ。阪田はベンチ入りもなかったので若干心配。


この布陣を確認して全員守備、全員攻撃はどうなった?とも思ったが背に腹はかえられぬのです。プレッシャーかけられて自陣で簡単にボールを失うくらいなら放り込んでしまえ、小松塁大作戦とみた。今まで2年間かけて積み上げてきたことは何だったんだろうか。そんな厳しい言葉が頭をよぎったけれども、そもそも小松塁を補強してたのはこういう如何ともし難い状況を想定してのことだ。1試合くらいなんだ。勝ちゃいいんだ。そう自分を納得させてスカパーで生観戦してましたけど、脆くも崩れ去るDF陣を観て誰でもない俺が混乱、そんな試合でした。個人的にはこんな分かりやすい布陣は大好きなのだけれども、連戦の中で準備不足という感じは否めない。


鳥栖の対角線のパス1本で逆サイドのスペースから湧いて出る決定的なピンチ。前半は1-1で終わったけれども、後半入ってから立て続けに同じ様な展開から3失点。PKの獲得で1点だけ返せたものの、その後も追い上げるどころかピンチがあったし。


小松塁大作戦で実質2得点出来たので失敗とは言い難い。ここのところ無得点だったことを考慮するとむしろ成功したと言って良いかもしれない。冷静になって考えて、無失点ならあれで勝ってたかもしれんのだし。やっぱり守備か。守備だな。守備。どうにかならんだろうか。しかしハードワーク系チームに弱いなぁ。


10節終えて、積み上げた勝ち点はわずか3。もうシーズンの約3割を消化。誰も助けちゃくれない。ピッチの上でやるしかないのである。鳥栖にボロ負けしてとても悔しかった。しかし鳥栖も経営危機を乗り越えて今のチームを作り上げたのである。それも昨年J1残留を果たしたからこそだ。必死でJ1に食らいついているのである。今はまだ経営再建まっただ中の大分トリニータ。このまますんなりとJ2に戻る訳にはいかない。もっと貪欲に食らいついて欲しい。2009年の経験があるので、勝てない状況の精神衛生上の付き合い方は知ってるつもりである。なるようにしかならない。感情的にならず、落ち着いて・・・・・・・・・ってそんなことが出来れば禅の境地に達せる訳で。凡人の俺は枕に顔をうずめてキーーーーーーーーーーーーーって叫ぶわけです。皆さんも是非、ご近所を配慮の上、叫びましょう。切り替えて次節、次節こそ。

0 件のコメント:

コメントを投稿