2013年5月12日日曜日

2013年 J1 第11節 広島戦

【広島 1 - 0 大分】



疲れが抜けない年頃で、基本的に東京から京都より西に遠征に行くと疲れちゃって通常生活に支障をきたすので控えているのですが、広島戦だけは今季必ず行きたいと思ってた試合でした。個人的に特別な想い入れのある西川周作選手との戦いを観に行きたかった。この試合だけはシーズン開幕前から飛行機を早割で予約するほど期待してた。怪我で出場は微妙だったけど、それでも観に行きたかった。


2009年の降格で放出せざるを得なかったユース出身の生え抜きで、トリニータに興味を持つようになったきっかけとなる想い入れのある選手。あれから4年、昇格して同じ舞台に戻り、今度は敵として戦える喜びを感じたかったんです。アウェイ側指定席を買って、良い席で観て、ヒリヒリするような熱い試合を期待してたのに、開始2分で失点した時の俺の絶望的な顔色を、皆さん想像してみて下さい。真っ青で引き攣ったおっさんの顔を!


と、いうことで行って来ましたエディオンスタジアム広島。広島空港からバスで中筋駅に降り立ち、広島に転勤になったばかりの同僚を現地ガイドとして雇い入れ車でスタジアムまで連れて行ってもらいました。指定席を買ってたこともあってスタジアムにはまったりと移動。現地ガイドは別れて家族と公園に。ガイドの子供さんはカープ派でした。スタジアムは山の上にある公園で周りには選手村で使った的なマンションがある箱物行政チックな香りのするスタジアム。92年にアジアカップの主会場となった由緒あるスタジアムです。





周作スマイルに迎えられると、宇佐ブースを発見。広島県民に宇佐をアピールしてました。西川選手の出身地です!って呼び込みを関係者が頑張っておられました。広島の方々、アウェイ戦に来てください。宇佐は地味ですけど行ってあげてください。西川選手の出身地だし、宇佐神宮あります。スタジアムでもらったマッチデープログラムも西川選手。西川デーですよ、どう考えても。









このスタジアム、メインからは見やすかったけれどもビジョンが死んでました。どうも故障してて、修理しようにも修理部材が生産終了で手に入らないとかどこか聞いたことあるような話らしい。毎試合ビジョンを詰んだ車で代替運用中。来年度予算でどうにかするか的な話しらしい。新スタジアム作る話もあったりで、ビジョン同様何も見えてないらしい。



この日の先発は非公開練習という、いつもと違う方法で選ばれた面子。意外にも松原が先発出場でした。期待してなかったのに!ジョンヒョンや土岐田という新しい組み合わせでした。フォーメーションも最初は違ったかもしれない。2分くらいは。でも結局3-1-4-2になった気がする。



田坂監督も広島出身ですし、やっぱりもう一度広島戦で原点に戻って気合を入れ直したと思うのです。本当に色んな思いが交錯しての試合だったのに、2分で失点してしまって台無し。DF塩谷がスルスルと前線に上がってクロスに合わせてヘディングでゴール。本当に衝撃を受けたのはこの後で、広島が最終ラインでボール回してる時に誰もプレスにいかない。あ、これなんか違うと感じ取るわけです。広島が2点目を取る気が無い様にも見えたけど、ボールを奪う場所をハーフライン越えてからに設定していた模様なので、しばらくの間淡々と時間だけが進んでしまう糞つまらない展開に!開始3分でゲームプラン崩れたことを認識。鳥栖は何点取ってもガンガン来ましたけど、広島は無理しなかった。え?これゲームプラン通りに進めるの?意味あるのそれ?的な空気が一瞬よぎったような気がした。前からプレッシャーかけるようになるまで結構時間がかかった気がする。サッカーは相手のあることだし、難しいな・・・。


自分が好きで観に行ってるだけですけど、普通なら白眼を剥いたかもしれない展開だったがこの日はもう一人の宇佐出身者、俺の松原がピッチにいた。J1の舞台で宇佐出身の2大Jリーガーが激突ですよ、松原のシュートを西川が弾くなんて宇佐市民だけに向けたようなプレーが展開されるわけです。物心つく前に宇佐神宮でお宮参りした俺も興奮。宇佐神宮感謝デーです。宇佐市民的に、大分県民的にこの2人がいてくれたことがどれだけ価値のあることか理解出来る人がどれくらい増えてくれるだろうか。


深谷と若狭が交代した後、ちょっとづつではあるがボールを持てる時間帯もあったし、サイド攻撃ができたプレーもあった。土岐田のプレーも光っていた。阪田が傷んでピッチから出た時に最終ラインに入ってカバーしてくれてたし相変わらずのユーティリティ性を発揮していた。試合を通じて決定的な場面はジョンハンのシュートくらいだったけど、準備は間違って無かったと思う。出来ればもっと0対0の状態で試合を見たかった・・・。個人的には松原が先発なら文句ありません。足を攣っていたのでまだまだ修行が足らないけど。監督もプランが崩れたら辛いだろうけど折れずに続けて欲しい。もう今のメンバーで他のやり方が思い浮かばなくなってきた。


試合が終わると帰ろうとメイン通路までゾロゾロと出てきた広島のサポーターのオッサン達が足を止めて、「大分の選手怒られるぞ、これ。ちょっと見ていこう。」って言ってたんです。でもゴール裏に揃った選手たちに拍手する人の方が明らかに多かったんで「優しい!!」って驚いてました。そんな声が薄っすら入っている試合後の様子。



この後に周作挨拶動画をバッチリ撮ったつもりでいたんですけど、撮れてなかったですね・・・。まぁ俺の記憶には残ってるんで良しとしますか・・・。試合後のコメントで懐かしい歌を聞いたとか、勝利の歌だけは聞きたくなかったとかありましたね。8月の試合では勝利の歌を聞かせてあげようではないか。大銀ドームで俺たちの周作に。広島のゴール裏には珍しい横断幕が。



大分広島の至宝と。粋ですね、広島さん。8月は大銀ドームで。





個人的な想い入れはこれで一旦区切りがついた気がする。観てるだけの俺がこんなに心折れそうなんだから、選手や監督はもっと辛いんじゃないか。頑張って欲しいと思った。そんな広島遠征でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿