2013年5月18日土曜日

2013年 J1 第12節 新潟戦

【新潟 2 - 3 大分】


事件です。トリニータがJ1で勝ちました。長かった。ようやくの初勝利を手に入れました。勝ち点3。今日は都町の売り上げ2.5倍でしょう。前日に新潟に行く荷物の準備だけはしておきながら、キックオフに間に合わない時間帯に目覚めてスカパー!生観戦してました。ふらっと当日にチケットを入手して新潟日帰りを目論んでいたのですが寝坊。目覚めて時間確認して間に合わないと思った時に逆に勝てる気がしました。なんとなく。


スタメンは水曜日に頑張った若手、為田と松本昌也を積極起用。試合慣れさせておいた木村と安川をスタメンに戻す。




今年このチームを観続けてる人ならこのスタメンを確認して勝てる気がしたと思うんです。まぁ、これまで何度もそんな気はしてるんですけど。怪我人の復帰と若手の躍進があってタイミング的に新潟戦を迎えた。そろそろ来るな、というそんな感じ。新潟戦で辻尾が出れないのは残念でしたが、これまた沢山の○辻軍団がいらっしゃってましたね。写真撮りたかった・・・。


対する新潟は岡山から復帰した川又が覚醒。前節にハットトリックを達成するなど、絶好調の様子。5月には負けなしと羨ましい限り。まぁ川又はJ2で岡山にいて戦ったことがあるので特徴は知っていますから、抑えられるだろうと思ってました。危ない場面多かったけど。


キックオフ直後に失点しないか心配でしたが、水曜日に似たようなメンバーで試合をしていることもあってか立ち上がりから落ち着いてゲーム入れた。水曜日は若狭がオフサイドを取れて自信になったとコメントにもあったし、バランスの良いラインコントロールだったと思います。広島戦と同様に無理して前に行かない、守備ブロックを築く感じでワンチャンスを伺う弱者の戦い。前半は森島のサイドチェンジを為田が受けるという形が出ていて、久しぶりにトリニータらしいサッカーを観れた気がしました。ただ新潟も川又が素晴らしい出来で、丹野のスーパーセーブがなければ2失点くらいしててもおかしくなかった。押し込まれる時間帯が増えつつあった。


試合が動いたのは前半40分。セットプレーで前線に残り続けた若狭が木村からのクロスをヘディングで決める。これ、水曜日にも観たので作戦でしょうね。若狭前線待機作戦で久々の先制ゴール。やはり勝てる気がしたのは偶然じゃなかった。これまでならあっさり追いつかれますけど、キチンと前半を終わらせてリードして後半を迎えられた。1つ成長。


後半に入って、押しこまれる場面がより顕著に長期化。ロングボールでしか対抗できない時間帯が続くが、そのロングボールの処理を誤り後半10分に新潟のDF同士が交錯。両者頭を打って同時に交代となる。両者意識がありそうだったので大事には至らないと思うが・・・。このアクシデントが流れを変える雰囲気に繋がってしまう。


跳ね返せずに繰り返しCKを続けられてしまった後半21分。丹野がヘディングシュートを弾くも田中達也に移籍後初ゴールを決められて同点に追いつかれる。あれ?おかしい。勝てる気がしていたのに。杞憂です、杞憂。31分にロングボールを森島が落として何故かドフリーだった高松が決める。引き離すトリニータ。やはりいつもと違う!


このまま終わらせて試合終了を目論んだ45分、アディショナルタイムが8分と発表された矢先に真ん中を突破したレオシルバにJリーグ初ゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。あれ?おかしいやっぱり勝てない?杞憂です、杞憂。ロングボールを高松が落とし、最後尾から一人走り続けた土岐田が値千金の逆転弾を蹴りこむ。やはりいつもと違った!なぜかロングボール攻撃にドフリーを許し続ける新潟DF。新潟にハイボールの処理という弱点発見。


若手CBが先制点を決め、ベテランFWが逆転弾を決め、中堅CBが決勝弾を決めるという、まさに全員攻撃を体現。相性の良い新潟さんから初勝利をもぎ取る。劇的なゴールだらけの壮絶なシーソーゲームでした。いやー、遂に勝利して久々に安らかな週末を過ごせます。選手が頑張ってくれた。J1で勝利するって、ここまで全てを出し切らないと勝てないのか。ホッとすると同時にこれからまた厳しい戦いが続くだろうとも思った勝利でした。若手もベテランも、日本人も外国人も全員で頑張ろう。両ワイドがもっと高い位置を取り続けられると良いのだけれども。


ラインダンスに戸惑うマンシャが印象的だった。そしてどんなに勝てなくても暗くならずに、ためだのあられ、お煎餅なんて歌える雰囲気で下を向かずに頑張った選手を褒めてあげたい。これを続けて巻き返そう。次節は最下位とブービーの試合、磐田戦です。中断前に連勝して最下位脱出を図る!

0 件のコメント:

コメントを投稿