2013年5月25日土曜日

2013年 J1 第13節 磐田戦

【大分 1 - 1 磐田】

ダイハツさん、ミラココアより勝ち点下さい。
ということで、第13節磐田戦。スポンサー様に泣き言を言っても仕方ありません。最下位決定戦。水曜日にナビスコカップを若手で凌いだトリニータは主力がスタメンに復帰。松原は右サイドでスタメンでした。



対する磐田、日本代表を3人も抱えながら何故か低空飛行を続ける。監督は辞任し次の監督となる関塚監督は契約を交わしながら13節後に就任するという、この1試合何なん?っていう不思議な扱い。


前半は最下位決定戦とあって低調な試合運び。トリニータはもう現実を直視してロングボール主体で戦い続けるのです。磐田も理由が分からなかったけどシュートチャンスも少なく、絶不調な感じがありありと伝わってくる。前田も元気なかったし、駒野とがガンガン上がってくれば充分怖いのに、波状攻撃的なものは少なかった。勝ててないチームってこんな感じでしょうか。


トリニータが後半に高松の素晴らしいゴールで先制した後、試合が動き始めた。磐田は最初から後半に勝負する気だったのか、徐々に攻勢をかけてきた。交代した松浦がファーストプレーで右サイドを切り裂く。土岐田を抜いて打ったシュートは丹野が伸ばした腕を弾いてバーを直撃。跳ね返ったところを山田が詰めて同点に追いつかれる。


3点取らなきゃ勝てないと分かっているので、いつか追いつかれるだろうとは思っていたけれども交代選手のファーストプレーが同点につながるとは思わなんだ。この後、コーナーキックの波状攻撃を受けたけどなんとか凌いで勝ち点1を確保した試合でした。3連勝と波に乗りたかったけど、怪我人も多いしまぁなんとか中断期間に転げ込んだというところでしょうか。


未だ最下位の状況は変わらないので、この1ヶ月の中断期間を利用してなんとか巻き返しの準備として欲しい。磐田とは最終節で戦うので、最後までライバルになるかもしれない。日本代表で主力の3人が離脱する間に関塚監督が一体どう立て直すのか。トリニータは怪我人が戻っても若手主体にして欲しいなと思ってます。今日の試合、監督の意図するところと違って走れてなかったと。これからもっと暑くなるとベテランにはキツイ季節になりがちだし、回復力のある若手主体で夏を乗り切って、涼しくなってからオッサン達が出動。そんな感じでお願いしたい。


さて中断期間中ですが、ちょこちょことJ2を観に行きたいなと思っています。ちょこちょこと継続します。

0 件のコメント:

コメントを投稿