2013年9月28日土曜日

2013年 J1 第27節 鹿島戦

【鹿島 3 - 1 大分】

カシマスタジアムに行きたかったんですけど、出張から東京に戻ったのが土曜日の午前中で、そのまま寝てしまって起きたら前半が終わってました・・・。ということで後半からスカパー!生観戦しましたが、スタメンが今までになかった組み合わせで若干戸惑いました。



何と言っても2シャドー、木島と土岐田という組み合わせ。右の松原、ボランチに為田。最終ラインは高木と阪田を同時起用。梶山が万全ではなさそうだったから色々と入れ替えたのだろうけれども、走れるメンバーという印象。右サイド松原でボランチ為田っていうのは個人的に理想的。若手頑張れ。甲府の結果次第で降格の可能性もあり、完全に追い込まれたトリニータ。前半で鹿島相手に試合が動いていなかったので、そこそこやれてたのかなという印象。


まぁ・・・やっぱり負けたんだけども、先制の場面の為田の判断とアシストは素晴らしかった。その後、慌てない鹿島。大迫にチンチンにやられた我がDF陣。1対1になったら抜かれるわ、奪われるわ、ゴールされるわの3失点。やはりDFにとっては厳しい職場環境のようです。失点が止まらない。


崖っぷちの戦いは続く。うっちゃれますかね。涼しくなってきたから氣力と機力を振り絞る以外に道はない。もう無い。どうしようもできない。


2 件のコメント:

  1. はじめまして いつも試合後楽しく拝見させていただいています。
    トリニータ愛に満ちたブログで素晴らしいですね。

    J1初経験や初スタメンという選手が多く、監督もまた監督としてはJ1初経験で、みんな頑張ってはいますが、経験不足は否めませんよね。しかも起用した選手がケガをするとか微妙なPKやノーゴール判定もありアンラッキーも重なっています。
    うっちゃることは出来ないでしょうね。前節でおっしゃっていたように高松と森島の同時起用は必須だと思います。やはり相手ディフェンダーが嫌ですよね。
    もっと言えばキャプテン宮沢を入れて3-3-3プラスチェジョンハンを右左のサイドにフリーで走り回らせるというような奇策も見せて欲しい。トレーニングの成果はでていると監督は言いますが、一夜漬けで(1週間の対策で)マリノスや鹿島に勝つことは難しいでしょう。全員攻撃全員守備と言いつつ毎回スタメンを変え、選手を混乱させているだけにしか見えません。

    たとえゲームプランだとしても、サイドにはったままディフェンスに戻らない為田は勝負勘がなさ過ぎで、おっしゃているようにボランチ起用のほうが合ってると思います。

    同じ負けて降格するなら、J1昇格に貢献した選手に楽しく自由にやらせて負けたほうが納得できると思うのは自分だけでしょうか....。
    トリニータホームページに載っている試合後のコメントを読むたびに腹立たしく感じます。あと残り試合何試合だと思ってる??

    ストロングポイントを生かさずウィークポイントを修正しない。
    本当に残念でなりません。

    不平不満に聞こえたら申し訳ないですが、トリニータへの熱い応援メッセージの裏返しと思っていただければ幸いです。

    同じような気持ちでブログを更新するのもおっくうになるかもしれませんが、
    似た環境でトリニータを応援している人が他にも沢山居ると思います。

    ブログ更新応援しています!!

    長文お付き合いくださりありがとうございました。


    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      コメントありがとうございます。熱い想いが伝わってきます。最近ブログ書くのが辛くなってきてたのがバレてましたね。お恥ずかしい限りです。もう少しやれると信じているからこそ辛いんですよね。プレーオフの時のあの気迫は、あのプレーはどこにいってしまったのか。今シーズンのアディショナルタイムだと思って残り試合で意地を見せて欲しいですね。頑固に戦術を全うしてる監督と選手の関係性だけは信頼しあっていて凄いなとは思うのですが。

      コメントに勇気づけられました。今シーズンはあまり面白いブログになりそうもありませんが、またのご来場お待ちしております。


      削除