2013年12月23日月曜日

天皇杯 準々決勝 横浜FM戦

【大分 1 - 2 横浜FM】

関係各位、2013年シーズンお疲れ様でした。今日の結果をもちまして残念ながら天皇杯も敗退して全日程を大体負っぱなしで消化し尽くしました。私は当然の如く出張でスカパー!さえ観れなかったのですが家に帰って録画再放送を観ました。


試合は最後まで諦めずに頑張った好ゲームだったと思います。残念ながら延長戦で力尽きはしたものの90分で勝負を賭けて勝ちにいった判断、その後のチャンス、決めきれなかった攻撃陣。悪くなかったと思うのですが・・・惜しかった。森島投入後の時間帯、あそこが勝負の別れ目でした。逆転勝利がするりと手からこぼれていったような気がします。本当に惜しかった。


しかし、全体を通してリーグ戦2位の横浜Fマリノスを相手に十分すぎるほど渡り合えたと思います。ホームで勝つラストチャンス、キャプテン宮沢と共に闘う最後のホーム試合とあって各選手気持ちのこもったプレーが多かった。そして何より後藤のプレーが素晴らしかった。ゴールは奪えなかったので最上級の賛辞は送れないものの、躍動していたと思います。正直ちょっと時間かかったけど、場慣れしたというかプロのレベルで自分を出せるようになっていて、成長を感じました。天皇杯で結果を出して自信になったんでしょう。為田や松本昌也と共に来季の軸になって欲しいと思います。期待を込めてそう思います。というか、頼むから頑張ってほしい。君たち若手をどんなに頼りにしていることか。


これで今シーズンの目標であった、「タイトルを獲る」は大失敗に終わりました。さらにリーグ戦で2勝という歴代最小勝利数の不名誉記録を残してしまった。タイトルなんてものには程遠く惨敗して勝利給をひたすら貯めこむという、リーグ戦を戦っていたのか債務超過と戦っていたのか、よく分からなくなりましたが、目下の敵は債務超過ですから損して得をとったのかもしれません。何年後かに振り返ったらあの年がターニングポイントだったね、なんて語れる日が来るかもしれませんし。


今シーズンは誰も望んでなかったのに、田坂監督が「タイトルを獲る」なんて言い出したから期待しちゃったんだけれども全く結果出ず。しかし既に田坂監督の続投は決定済み。今日の試合をみる限り、育てながら戦うというコンセプトについては結果を認めても良いと思います。あれだけ負け続けても選手たちが信頼して戦っていた来年の指揮を続けることについて賛成か反対か、というと個人的な意思表示としては、本当に正直な思いとしては、「現実的賛成」という気持ちです。


お金もないし、優秀な監督を格安で雇えるかというとかなり厳しい。同じ理由で実績のない人に任せるなんて博打は打てない。解任して余計な違約金とか払いたくないし。実績があって、選手から信頼される人間性があって、弱いチームを一工夫して強くできる研究熱心な人材が望まれる。それも今年より給料が上がる理由がない程度に負け続けた監督。あぁ、田坂監督でよろしいですよね、という結論です。


個人的な予測ですけど、来季は悲観的でJ2でもかなり厳しくなるだろうと予測しています。若手が頑張ってくれるって言ってもU-21日本代表に為田と松原が招集されてるし、松本昌也も飛び級あるし、後藤も今日のパフォーマンスなら呼ばれる可能性あるし、やばい誰もいなくなる。田坂監督であろうがなかろうが、難しいと思います。本格的な選手の入れ替わりはこれからですが、育てながら戦い続けてじっと耐えるシーズンになるのではないでしょうか。まぁそんなこと分かっていながらも期待して新しいシーズンを待ってしまうのですが。まぁひとまずオフということで一休み。仕事も一休みしたいのですけど・・・。

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    お仕事お疲れ様です。
    そして今年も、1年間アウェイの動画や写真をありがとうございました。
    昨日はもちろん現地観戦でした。こんな年末近くになっても試合が見られて
    嬉しかったですね。マリノス相手に、90分で終わらせなかったので
    頑張ったのではないでしょうか。まあ、相変わらず、「もう帰る!」と思わせてくれる
    プレーもいくつかありましたが・・・(^^;)
    J2でもJ3でもJFLでもずっと応援します。
    では、来年もよろしくお願いいたします。よいお年を!

    返信削除
  2. issu様

    今年もコメントありがとうございました。現地での応援もお疲れ様でした。初めての天皇杯ベスト8でしたが、最後の最後までホームで勝てなくて残念でした。来年はJ2で今年よりは勝てると思いますが、贅沢言わずに地道に応援を続けましょう。寒い日が続きますがよいお年を。

    返信削除