2014年1月14日火曜日

2014年のスローガンを予測してみる

久々の更新です。2014年の1月14日に背番号が14番だった井上裕大が長崎に完全移籍したことに打ちひしがれたので書かざるを得ません。現実逃避シリーズです。まずは手始めにWikipedia情報を元に今までのスローガンをおさらいしてみましょうか。

2003年 ムーブ&バランス

2004年 Perform & Enjoy

2005年 Together & Enjoy

2006年 Challenge & Challenge

2007年 Challenge & Competition

2008年 One Heart,Big Challenge

2009年 One Heart,Big Challenge

2010年 RESTART ~ONE HEART~

2011年 SORYOKU戦 総力×走力

2012年 挑戦×頂戦

2013年 氣力×機力


J1昇格初年度の2003年以降の情報が記載されていました。改めて振り返ると10年以上の歴史があったんですね。傾向と対策を考慮すると大体スローガンは「真ん中に何か記号が入る」という法則が強くありそうです。「&」とか「,」とか「×」とか。2003年の「ムーブ&バランス」だけがカタカナですね。カタカナから英単語になり漢字になっています。J1昇格に浮かれて「Enjoy」を入れちゃってますが残留争いでEnjoyどころじゃなくなってChallengeになっていく変遷とか実によくクラブを体現しているなと感心します。2008年が絶好調だったので、ゲンを担いだのか手抜きなのか2009年も全く同じスローガンでええやろ、というノリで見事に降格してしまっているので油断は禁物。2010年の降格を受けて「 RESTART ~ONE HEART~」だけが異色です。前年度までのスローガンを若干引きずりつつも変えなきゃいけない意識が出ています。歴史そのものがにじみ出ていてセンス抜群。スローガンだけは外していないことがよく分かります。ナイスセンスです。


そんな大分FCですから今年もきっとクラブ状況を現すことになるであろう、素晴らしいスローガンを発表することでしょうけれども、先を読んで予測してみましょう。傾向と対策から真ん中に記号が入ります。きっと入りますこれは。そして、2010年の降格時のスローガンを見てわかる通り「もう一度」というか再起をイメージさせる言葉が選ばれるはずです。これを前提に現実逃避してみましょう。


本命◎ RESTART×REVENGE
苦しかった第2次ファンボ政権の2010年から「Re」で合わせ技です。なんかありそうじゃないでしょうか?すごく適当に考えました。

対抗○ 再起動×最氣動
ここ数年の漢字シリーズを継承するならこんな感じでしょうか?ぶっちゃけ機動力が大したことなかったので、氣だけは残してみました。「さい」を「債」にして気力で債務超過を解消するぞ、ってことでも良いかもしれません。

大穴× 再起×佐伯
思い切って地名を入れてみました。佐伯です。特にゆかりはありません。私たぶん行ったことすらないような気がします。私の中ではもう佐伯まで行くと宮崎県です。ほとんど佐伯にはサポーターはいないでしょうから、佐伯市民へのアピールですね。誤解ですけど、佐伯市が財政破綻してしまった感じになってしまうのはご容赦頂きたい。


以上いかがでしたでしょうか?全然やる気のない、佐伯市民を敵にまわしただけのこの更新から私がどれだけ井上裕大の移籍に打ちひしがれたかが伝わったでしょうか?J1昇格のタイミングでJ2の長崎にレンタルに出されてしまったこと、奮起して移籍先でスタメンを勝ち取り主力として結果を残せたこと、ジャパネットたかたのバックアップなんてことを考えると移籍してしまうのも分かります。でも、同じJ2で同じ九州のクラブにユースから育て上げた未来のキャプテンと信じていた人材を完全移籍させてしまうのはやはり辛かったのです。もう決まってしまったことですから、裕大の活躍を願いつつの現実逃避でした。



4 件のコメント:

  1. 畜生ーっ!面白いじゃねーかー!

    返信削除
    返信
    1. レスポンスありがとうございます。松原まで出て行ってしまったので更に打ちひしがれています。ネタが尽きたので現実逃避すらままなりません。ぐはぁ。

      削除
  2. 穴で「意地×維持」

    返信削除
    返信
    1. 匿名様コメントありがとうございます。良いですね!意地と維持。佐伯より可能性は全然ありますし。新体制発表が楽しみですね。

      削除