2014年3月30日日曜日

2014年 J2 第5節 岡山戦

【岡山 1 - 1 大分】


まったくもって試合を観に行けておらず、アウェイ観戦記じゃなくなっていますが、年度末ですから、サラリーマンは辛いのです。ということで今日も家で静かにオンデマンド観戦でした。出張アンド出張で、家に戻って選択してまた出張に出るような生活を送っています。このブログも日曜日に新幹線の中で書いているのです。現地に行けた人はさぞファジフーズを堪能したことでしょう。あぁ春よ、来い。


前節から布陣が代わってました。高松がスタメン、後藤もスタメン復帰ということで2トップになった模様。右サイドも木島にスタメンを変更。右サイドバックにはまだ高校生の岩武を抜擢。2種登録中の選手でもチャンスが有る、それがトリニータです。俺の松原をレンタルに出しておきながらさらに若手を使うってどういうことですかって思いますけど、オファーがあったならJ1に貸します。それがトリニータです。



対する岡山。影山監督体制になってから4年くらいですかね?長期政権で3バックのイメージが濃い。その3バック対して今日は2トップにしたのかもしれない。高松へのマークで後藤の負担が分散されて相手を背負いながらボールキープしたりできていました。前節よりも確実に相手陣内でボールキープは出来ていました。


カウンターへの対策もできており、試合の主導権を握ったまま時間が経過していきました。これまでの試合よりは眠くならずに観ることができるレベル。岡山が自陣に引きこもりがちで、守備ブロックを作って待ち構えている割にボールを簡単には奪わせなかったので攻撃が継続的に出来ていたと思います。


このブログでは武闘派岡山と位置づけてますが、相変わらず球際が荒っぽい。上手くいなしながら対応出来ていましたが、前半のうちに高木が傷んで若狭に交代。阪田と若狭のCBという若干不安な気持ちにさせる守備陣となってしまう。前半は両チーム無得点で折り返しましたが、主導権を握り続けたトリニータが後半に伊藤の直接FKで先制すると試合が動き出します。前に出ざるを得なくなった岡山が一転捨て身の攻撃に出る。これを真正面から受けて立つから防戦的になってしまってラインコントロールを誤り、オフサイドをとれずにゴールを割られてしまう。


伊藤の完璧なFKで先制した後の試合運びが全て。もう1点とって試合を決めきれなかった。逆に岡山はそんな試合運びが出来ないからこそ前半我慢してどこかで勝負を賭けて捨て身攻撃、1点とったら逃げ切るような戦術に凝り固まっている。そこで割り切って戦い続けても毎シーズンもう少しが足りない岡山。クラブの色が濃くて面白いと思います。


右サイドバックに入った岩武はさほど違和感がなかったので、これまた若手が育っているなと思いました。岩武がいるし、松原は武者修行に出しちゃうかとなってしまえるのも分かる。デビュー戦で普通に出来ているように見えたので十分でしょう。


総括としては勝てただろう試合を落としてしまって勿体無い、前線の組み合わせは対岡山戦術もあったような気もするし、岡山が引きこもり状態だったので良くなったのかどうかは判断が難しいところです。今シーズンのトリニータの真価が問われるのはこれから迎える3連戦じゃないでしょうか。京都、札幌、湘南。ここに3連勝できれば「優勝や!」ってなりそうですし、3連敗するようであれば「あかんプレーオフや!」でしょう。楽しみな3連戦です。湘南戦が今年の初観戦になりそうですかね。こっちも楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿