2014年4月5日土曜日

2014年 J2 第6節 京都戦

【大分 0 - 3 京都】

週刊大分トリニータアウェイ観戦記です。週1回の更新になってしまいましたが年度明けましたから!2014年度、これからにご期待ください。ということで、前半戦のハイライトになるかもしれない強豪との3連戦。緒戦は京都を迎えての試合となりました。



スタメンには前節から変更がありました。右サイドに中津出身の松本昌也が今季初スタメン。前節の試合中に怪我をした高木は肉離れで全治2週間の離脱。キャプテンマークは高松が巻いていました。代わりに入ったのが安川で、左サイドバックにはジョンハンが戻りました。右は前節同様、17歳の岩武。右サイドが若い。ピチピチの右サイド。試合早々にジョンハンがPKを献上したり、2失点目の起点もジョンハンがマークの受け渡しで混乱して抜けだされたのでこの守備陣の入れ替えがひとつの敗因だったかもしれません。結果論ですけど若狭CBで、左サイドに安川の方が良かったかもしれません。


京都の顔ぶれはやはり豪華。大黒、山瀬、駆動、石櫃に加えベンチには三平。そして左サイドには比嘉さんというトッピングまで付いてくる。この比嘉さんという選手、中村俊輔お気に入りの選手ではありますがなぜか気になる。どうしてもその一挙手一投足に注目を集める魅力があると思う。サッカーは下手ですけど、人を惹きつける何かがあるような。とても不思議な選手。今日の試合は勝負どころで点を取る大黒、勝負どころでコケる比嘉さんという印象でした。


試合は2点目を奪われるまでは面白いゲーム展開だったと思います。お客さんは激減してしまっていますけど、面白いサッカーができつつある。特に後半右サイドに為田が入ってトリニータユース濃度が濃くなってからは更に面白かった。試合早々の失点だったし、京都は1得点くらいで引くようなチームでもないので試合自体は面白かったです。大黒にハットトリックを許してしまってからは記憶に残ってませんけど。


上位陣に顔を出しそうな相手に3失点、今シーズンはホームで全部勝ちますと言った意気込みも意気消沈。途中交代で入った風間も右肩を脱臼したような感じで怪我人も増えて踏んだり蹴ったりの週末となりました。次節の札幌戦、湘南戦と先行きが不安ではありますが、ユース出身の若手が頑張っているので先行投資だと思えば良いんです。後藤はトラップが上手い。シュートさえ枠内に入ればもっと大物になる可能性を秘めていると思うし、右サイドの松本昌也も今日のプレーで凄い抜き方してた。脚が速くないのに抜け出せる程の凄いフェイント見せてましたよ。去年までの松原だって最初の頃は守備が不安で失点に絡むようなミスもありましたけど授業料として我慢した甲斐があって今じゃJ1新潟のスタメンですしね。・・・・あれ?何だか寂しい・・・・。


京都には点をとれるFWがいて、うちには居なかった。ただそれだけだったと思います。次節の札幌にも内村という点をとれるFWがいるので心配ではありますが、若手を使うなら全然興味ありです。3失点で完敗ですけど、中身としては今シーズンに手応えを感じられましたし、まだまだこれからだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿