2014年6月7日土曜日

2014年 J2 第17節 岐阜戦

【大分 1 - 0 岐阜】

単独4位!4位浮上です!ラモスや川口能活、三都主アレサンドロなど日本代表としてW杯に出場した経験を持ったレジェンド達を観に、9000人を超える観客がみどり牛乳を飲みに大銀ドームに足を運んでくれていました。子供の頃から通算して給食で何tのみどり牛乳を飲んだでしょうか。生まれて初めて鼻から出した牛乳もみどり牛乳、拭いた雑巾が死ぬほど臭くなるのもみどり牛乳。人生に寄り添う牛乳です。俺の骨の8割はみどり牛乳で出来ていると言っても過言ではない。スカパー!で生観戦してましたけど、松本山雅が引き分け、北九州と熊本も引き分けて、完全に風が、順位を上げる風が吹きまくっていました。時は来た!(蝶野苦笑い風)と湘南には目もくれずにテレビに集中。スタメンには変更がありました。



ジョンハンが欠場。代わりに後藤がワントップでスタメン。後藤も両手首に何か巻き、FWっぽい雰囲気が出てきた。あの両手首に何か巻く選手の点取りそう感は何なのだろうか。右サイドには木村。前節途中から入って得点が生まれたことが評価されてかスタメンを獲得。昌也が左に回る。なんで左右を入れ替えたんだろうか?それ以外は同じ顔触れ。もうトリニータは伊藤と末吉のチームになっているので、この屋台骨が代わらない限りは大体試合のクオリティは同じになるような気がしてます。


対する岐阜。あの岐阜。石油が湧き出たのか経営危機からは遠ざかり、監督にラモス瑠偉、GKに川口能活、前線にコロンビア人ナザリトと豪華布陣。前節からは4-3-2-1のツリー型フォーメーションを採用しているとのこと。その、木の根幹に宮沢がいました。元俺たちのキャプテンが岐阜に根を下ろしていることが嬉しく、されど負ける訳にはいかず、とにかく怪我なく元気そうで何より。


今日の試合、風間の運動量がとても目立っていたように思えます。何度もパスをカットし、前線に駆け上がり、守備から攻撃への起点になっていたと思います。風間が素晴らしかった。岐阜は何といってもゴツいナザリトを中心にシンプルな攻撃で破壊力十分。スカパー!情報によると、岐阜はクロス成功率がリーグ2位。三都主が自由自在のクロスを操れるので数字に貢献しているのだろうけれども、難しいことはしない。サイドからクロス、中にはナザリトがどっしり構えている。速攻は難波が担当。配給は宮沢みたいなシンプルな感じだったと思います。


ナザリトがどっしりし過ぎていて、いつもよりも中盤が間延びして、全体的にもっさり感があったような試合に感じました。DFが体を張って辛抱強く我慢し続けた結果が報われたのは80分過ぎ。足を吊った西に代わって出場した若狭が同じく後藤に代わって出場した木島のシュートをねじ込んで先制。もうなんだか、西の影響で右サイドはガンガン上がっても許されるみたいな感じになっておるけれども、得点に繋がったのだから良いじゃないか。直前の風間がボールを受けたときに明らかにオフサイドっぽかったんだけれども、どうも日頃ラインズマンに厳しいサポーターたちもオンサイドだったと言い張っているので、ノープロブレム。


見事、勝利を手繰り寄せて最高のタイミングで上昇気流に乗ることができました。単独4位、4位浮上。下位には負けないノルマを淡々とこなせる有能なチームになりつつあります。特にダイハツデーといい、みどり牛乳デーといい、スポンサーさんと絡む時は結果を出して素晴らしい。営業的にもできる子トリニータ。500円で見に来てくれた大分市民の方も、次は5000円払って見に来てくれるに違いない。いや、そんなに高くないです。また来てください。


相変わらず複数得点が出来ないし、セットプレーも大概グダグダで得点の匂いがしないんだけれども、結果だけ、勝ち点だけは裏切らないから積み重ねて行きましょう。次節は栃木戦。今日の試合で山形に6失点して敗北している。今まで堅い守備で上位を維持していた栃木。守備を再構築してくること間違いなしだけど、こじ開けられるかトリニータ。

0 件のコメント:

コメントを投稿