2014年9月20日土曜日

2014年 J2 第32節 福岡戦

【大分 3 - 0 福岡】

大・勝・利!負ければ福岡との順位がひっくり返る昇格圏内を巡る直接対決ダービー。3得点、さらに久々の無失点と素晴らしい結果を出してくれました。もはや様式美、補強したなら即使え!登録が完了したばかりのダニエルが大活躍の一戦となりました。スカパー!生観戦でしたが、大満足の週末でございます。



ダニエルがアンカーで先発。ラドンチッチも高松もベンチにおらずこの二人の不調が富山戦直前で起こったことなのでしょう。伊佐にとっては千載一遇のチャンス。末吉も古巣相手に120%で頑張ることを加味(※筆者独自調べ)して先発となりました。私、4-1-4-1は3トップ対策なのかと思っていたのですが違う模様で、3-5-2の福岡に対しても前半はこの布陣でした。


試合開始直後からアンカーで異常な存在感をみせつけるダニエル。身体は大きく、足も長く、さらに待望のブラジル人らしくパスの精度も高い。特にパスの射程圏内が広く、一発で前線に長距離でも正確なパスを供給。ボールを奪っては攻撃の起点となる、ちぎっては投げちぎっては投げのダニエル無双状態でした。もう皆さんお忘れでしょうが、去年獲得したマンシャとは違ってJリーグでの実績も頷ける存在感でした。「ダニエル」って名前は映画「ベスト・キッド」の主人公のイメージが強いんです。少年時代に日曜洋画劇場でヘビーローテーションされていた関係でどうしても「ダニエルさん」ってさん付けしたくなる名前です。ダニエル・カールよりもダニエルさんです。ミヤギさんです。右手でワックスをかけ、左手で拭き取る。トリニータのダニエルさんはボール奪う、パス出す。


福岡のFKがバーに直撃するような危うい場面もありましたが、ダニエルさん効果で先制。林の個人技が光る先制点でした。林は絶好調。補強が効いてる!先制後は全日本プロレス出身のプシュニク監督(※嘘です)がプロレスラーばりの大きなジェスチャーで「攻めろ」と指示。震え上がる福岡の選手。トリニータの左サイドから城後が起点となりクロスを中心に肉弾戦を仕掛けてきました。ここで正直に押し込まれるのが今のトリニータ。難しい時間帯が続きました。高木を中心とした守備陣はなんとか凌ぎ切って後半へ。


先制後の後半の入り方、これが課題だった我が軍。いくら田坂監督がハーフタイムで「仕留めろ」と指示を出しても実績がないので全く信用できず、ハラハラしながら戦況を見守っていましたが仕留めたのはダニエルさんでした。伊佐のチェイシングからボールを奪ったダニエルさんがそのまま持ち込みゴールを決めた。ボール奪う、ゴール奪う。ミヤギさんに教わる必要はない、完全に黒帯保持者でした。意図通りにカウンターで遂に仕留めたったのである。


これで一気に楽になったトリニータ。呪縛から解放された選手たちが躍動。やっぱりメンタルが問題だったのでしょうか。こんな試合を総力戦で見せたかったよ!林が3点目を決めた直後には明らかに福岡の選手の心が折れた。九州ダービーでお隣県の選手たちの心をへし折ってやったのがもう上出来過ぎてイケイケドンドン。得失点差がマイナスの借金を帳消しにしてやる勢いで福岡ゴールに襲い掛かりました。元3冠ヘビー級王者のプシュニク監督(※嘘です)も意気消沈。プレーオフ圏内を争うライバルに痛恨の一撃を加えられたので、勝ち点6くらいの価値ある勝利となりました。もっと点が取れた気もするんだけど、無失点だし褒め称えましょう。定位置6位をキープ。


この試合、伊佐の運動量が際立っていたように思います。シーズン途中からリトリートして守備をするようになってからFWがチェイシングする場面って戦術的に少なくなっていたのですが、そんなに追いますか、また足攣りますよ?っていうくらいに走っていた。風貌的にも飢えた狼っぽさがあり、戦術なんか知らねぇ、ボールに食らいつくんだっていうくらいに走っていました。周りもつられてチェイシングしていたような雰囲気。まぁ戦術なんだろうけれども。後半の2得点は高い位置で奪えたショートカウンターでしたし、福岡の弱点だったんでしょう。伊佐も得点チャンスを決めきっていたら完璧でしたが。富山戦の経験、手応えがプレーに出ていました。伊佐だけではなく、為田も末吉も林も伊藤もよく走っていました。やっぱりやればできる子なんです。


本当は総力戦で波に乗り、富山に勝利しておきたかったんですが、2週間遅れで波に乗りました。勝ち点を分けあった最下位の富山さんも東京Vに勝利してJ2残留争いにも火を付けておきましたから、J2がより盛り上がって良いのではないでしょうか。阪田も復帰して途中交代で試合に出ましたし、選手層が厚くなった気がしますし、次節対戦する横浜FCも久々に負けましたし、風を、強い追い風を感じます(※筆者独自調べ)。波でも風でも何でもいいから火曜日のアウェイで勝利して弾みをつけて欲しい!

0 件のコメント:

コメントを投稿