2014年12月14日日曜日

クラブへの忠誠心のお話


我が家にもシーズンパス更新のお知らせが届きました。「声援の数だけ強くなる!」というチラシと共に。ここ数年、経営危機とかクラブライセンスの取得などで追い込まれた心理状況だったこともあり、若干背伸びして高い席を買ってしまっていました。ちょっと冷静になって考えると結構な金額を支払っていることに気付いてよろしくない。クラブへの忠誠心が試される冬です。


クラブへの忠誠心が試されるのは年に1度だけでもなく、日常生活の中でも試されることが多々あって、私は今、1つ悩みを抱えてしまっています。ご飯を食べに行くことが多いんですね、私。自炊が面倒なのでもう何かしら食べてしまえと。


基本的に和食が好きで。定食屋さんを主にヘビーローテーションするんです。お米が大好きなのでご飯がお代わり自由なんてオプションがあると居住したくなるレベルで気に入ります。そんな性癖もあって、やよい軒によく行くんです。


まぁもうピチピチの若者ではないので、地味な定食を食べたくなる年頃なんですよね。サバの味噌煮とか良いじゃないですか、サバ美味しいよね、サバ。お値段もお手頃だし。



よし、サバの味噌煮を食べようと、そう心に決めるんですよ、私。



券売機にお金を突っ込んで、サバの味噌煮定食を選んでポチっと押すわけです。



大人しく席について「まだかなー」なんて思いながらスマホでトリニータ関連のブログを読んで時間を潰したりするんです。皆シーズンオフも頑張るなぁーなんて思いながら。で、店員さんが持ってくるんですよ、定食を。



そう、とりカツ定食です。えっ?って思うじゃないですか。サバの味噌煮定食を頼んだつもりなのに、と。またやっちゃったか、と。「何言ってんだお前?」って思われるかもしれませんが、これが今の私の悩みでして、やよい軒で無意識にとりカツ定食を頼んでしまっている病なんです。食べたい定食を頼めない病なんです。手元にある食券は確かにとりカツ定食になっている。怖い!


これがですね、もう何年も戦っている病でして、いつだったかやよい軒で食事をした時に、とりカツ定食を発見して、「あ、これは縁起が良いな」なんて思っちゃったんですよね。なんせ、これは


トリニータが勝つことをめたべもの


・・・なのですよ。もうね、そう思い込んでしまったんです私。その日からやよい軒ではとりカツ定食しか食べられなくなってしまったんです。たとえ自分で他の定食を食べようとしていても、体がとりカツ定食を選択してしまう。もう無意識に。例えば昼にチキンカツカレーを食べたとしても夜にやよい軒に行ってしまったらとりカツ定食を食べてしまう。


もうコレステロール的に無茶できない年頃なんです。私もね、揚げ物ばっかり食べている場合じゃない。でもダメなんです、とりカツ定食を頼んでしまう病なのです。だってね、


トリニータが勝つことをめたべもの


なんですよ、やっぱりこれは。でもボリュームがあり過ぎるんですよ、やよい軒のとりカツ定食は。私、クラブへの忠誠心で血管が脂肪で埋まるかもしれない。サバの味噌煮が食べたい。長生きのためにはもう、なるべくやよい軒に近づかないようにせざるを得ない。誰か同じ病で悩んでいる人いませんか!?ということで、シーズンパスを買ってしまう病も進行中です。





しょうがない、為田のためだ。(お後がよろしいようで


2 件のコメント:

  1. 朝からめちゃくちゃツボって爆笑しましたww (^-^;
    もぅ、やよい軒に行ったら間違いなく、、いや、わぞわざトリカツ定食を食べるためにやよい軒に行ってしまいそうです~病が伝染しちゃいそうですょ( ̄▽ ̄;)

    返信削除
    返信
    1. まりも様

      早朝からコメントありがとうございます。やよい軒のとりカツ定食、美味しいですけどボリュームがあるので気を付けて下さい。太りますよ、縁起は良いですけど。

      削除