2015年5月18日月曜日

2015年 明治安田生命J2リーグ 第14節 水戸戦

【水戸 1 - 1 大分】


久々の関東でのアウェイでの試合だったのですが、朝起きると体調不良だったので無理せず自宅観戦に切り替えた、体の弱いお爺さんの私です。疲労が溜まったら週末を寝て過ごし、月曜日以降の仕事に捧げるというプロサラリーマン魂。寝ながらスカパー!観戦していました。


さて、大分FCから緊急声明が発せられてからの最初の試合。全身全霊で戦う、とあったのですが、今までも全身全霊で戦ってくれていたはずだし、一体何が変わるのかよく分かりませんでした。もしかするとメッシやクリスチアーノロナウドとかの世界一流選手の守護霊を選手に降臨させる例の宗教を取り入れたのかもしれないという淡い可能性に期待しながらの観戦となりました。が、特に何も変わっていませんでした。「全身全(守護)霊」では決してなく、筆者の考え過ぎであったようです。





今日のスタメンが今年の全てを現している気がします。結局、今年新規で補強した選手が右サイドバック鈴木のみ。ドタバタ後にレンタルで借りた永井は右サイド。それ以外は昨年の現有戦力ですよ。鈴木は強化指定選手だったし、新戦力がどれだけハマらなかったのかが顕著になってきました。戦力そのものの良し悪しではなく、トリニータのサッカーに合わない選手を獲得してしまった。もっと言えばトリニータのサッカーって何だろうね?っていうことです。


田坂監督は新戦力大好きおじさんなので、今まで獲得した新しい選手は即スタメンで使い続けてきました。そんなおじさんに合わない新戦力を与えてはならなかったのです。ようやく諦めがついて、このメンバー、この並びに落ち着いた訳ですが、シーズンの3分の1が終わってしまっています。最下位になるまで結果が出ない訳ですから、構想と選手の選び方が間違っていたのは確実。連戦でのローテーションが終わって、このメンバーになったということは、昨年ベースに作り上げたチームでの出直しが始まったということでしょう。これで結果が出るなら話は早かったのですが・・・。


対する水戸も怪我人が続出して低迷中。ケーズデンキスタジアムの芝を大改修して立て直しを目指す。いままでデコボコのイメージだった芝が一新されて、水戸のサッカーも変わるかもしれないと感じました。


前半は水戸ペース。美しい芝なんぞ気にせずロングボールの蹴り合いに近い展開で主導権を握られました。水戸はトリニータ最終ラインの裏のスペースを狙う意図が。トリニータはプレッシャーをかけるもボールの奪いどころがハッキリせずに一進一退の攻防が続く中、自らの存在を主張する主審こと家本さんの笛が2度鳴ってそれぞれPKで1得点ずつを獲得。永井はキッチリとPKを決めてくれました。PKのよろしくない流れは断ち切れたのが唯一の収穫。


後半はトリニータが主導権を握る。プレスのかけ方がハマってボールを奪えるようになり、攻撃にまわる時間帯が増えました。両チーム疲労が出て中盤が間延びしてからエヴァンドロが投入されましたが、大した活躍はなし。おかしい、この展開なら活きると思っていたのに、活きなかった。エヴァンドロ難しい。全体的にはピンチもチャンスもあったので、引き分けが妥当かもしれません。


ゲームの中身はダニエルにおんぶにだっこ状態だったので、何とも言えんのですが、やっぱり得点出来る人募集中ですね・・・。後藤は惜しかった。流れの中から得点出来そうな雰囲気が漂い始めてはいるので、あと1試合ホームに戻ってどうなるか。守備も阪田と若狭でのコンビにようやく戻れて安定感は戻った。今日はPKを献上しての失点だったけど、流れの中では安定していた。後半唯一のピンチも武田がスーパーセーブでミドルシュートを止めてくれたし、何とかなりそう。あとは得点。得点なんですよ。セットプレーでも何でも、得点なんですよね・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿