2015年6月6日土曜日

2015年 明治安田生命J2リーグ 第17節 京都戦

【大分 2 - 2 京都】

新しい風、柳田代行監督が率いる新生(仮)トリニータはホームで京都戦でした。何失点してしまうんだろうという先が思いやられる立ち上がりではありましたが、失敗を取り戻すために立ち上がり続けるトリニータでした。



田坂前監督の組織を守備面では維持しながらも、ドイスボランチでバランスを考慮して、攻撃は若手に任せる感じのスタメンだったのでしょうか。新鮮な組み合わせではありました。そして何よりも新しい突風、キャプテン昌也という正しすぎる選択。これだけは認めざるを得ません。1得点目に繋がった単独ドリブルからの出戻りキープからのジョンハンへのパス。サッカーゲームのウイイレのようなプレーでした。後藤もよく決めてくれました。


対する京都は立ち上がりの得点は素晴らしかったものの、試合途中の怪我でキム・ナミルを欠くと主導権はトリニータに。ワントップの吉平にボールが收まらないがために、クリア後のセカンドボールの攻防が激しく一進一退の攻防が続きました。試合全般的にトリニータは気合が漲る感じがしまして、若い前線も積極的にプレスに走り、自由な感じというか、解き放たれてチャンスもピンチも作ってしまう感じに見受けられました。


後半に後藤が自ら獲得したFKを自ら決めて逆転した時は自宅で久々に声が出てしまいましたが、大黒に同点ゴールを決められて引き分けという結果となりました。失点の場面は3点目を取りに行ってのカウンターを浴びる形でしたので、無理しない試合運びが出来ていたらとも思うのですが、もう攻撃してなんぼみたいな雰囲気があって、久々に観ていて楽しめたのは事実です。

後藤の2得点で遂に今シーズン2回目の複数得点という喜ぶハードルが著しく低くなっているデータではありますが、後藤はユース上がりのFW1号として後輩に道を作る開拓者とならねばならぬ男ですので、お好み焼き屋のおばちゃんに怒られている場合ではない。2桁得点決めなければダメである。もっとゴールを決めて後藤の自信に満ちたプレーが何よりの補強だと思わせて欲しい。


途中出場した為田ですが、少し休ませたかった想いもあったのですがこの試合からかどうか自信はないのですが膝のテーピングが無くなっていたことに気づきました。ダニエルもゴリゴリの坊主になっていてチームの雰囲気にピリッとしたものも感じ取れました。レギュラーは白紙の状態で、各々何が出来るかもう一度じっくり考えたのではないでしょうか。期待していた若狭はそれほど目立ちませんでしたが、勝ち点1だけは確保。代行監督一発目で、強化費はうちよりもっと使っている京都相手に引き分けられたのであれば白熱の残留争いが繰り広げられる未来が待っているのではないでしょうか。


監督人事はどうなるか分かりませんが、今日選手たちが見せたピッチ上で声を掛け合って自分で考えて対応する力を信じてまずは最下位脱出を目指して戦いましょう。次節、金沢への得意の上位いじめを足がかりに。

2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    今晩は。

    後藤選手のフリーキックがきまったあと、思わず
    目に涙が浮かびそうになりました。
    これまで観戦してきて、怒りで途中で帰ったことはあったものの(^^;)
    泣きそうになるなどということはなかったと思うのですが
    久々に、身を乗り出して応援ができました。

    楽しかっただけではダメなのでしょうけれど、それでも
    断捨離しなくてよかったと思わせてくれる試合でした。

    返信削除
    返信
    1. issu様

      コメントありがとうございます。若手が殻を破って成長する瞬間と言いましょうか、後藤のあのフリーキックはゴールキーパーとの駆け引きも含めて素晴らしく、トリニータを応援している醍醐味が集約されていた気がします。まだ全然足りませんので、これからたくさん見せてもらいたいものです。

      削除