2015年8月9日日曜日

2015年 明治安田生命J2リーグ 第28節 愛媛戦

【大分 0 - 1 愛媛】



総力戦が楽し過ぎたんです。味を占めてまた大銀ドームに行ったら返り討ちされたにわかサポーターです。夏休みがですね、ごっそり取れたので墓参りがてら大銀ドーム参りを決行しました。今日の試合は前節C大阪を破った愛媛とあって、簡単な試合ではないと思っていましたがホームの後押しがあれば何とかなると期待して参戦したものの、残念ながら画に描いたような完敗でした。ホームスタジアムがお通夜状態になる経験を出来たことが4回目の大銀ドーム参戦の収穫でしょうか。お通夜というかお盆というか、もう今ここに死んだおじいちゃん帰って来ちゃうんじゃないかと思いました。まだちょっと早い。お盆に仏壇に帰って来てね。



累積警告の出場停止明けから兵働が戻って来て、いつものメンバーに戻ったスタメン。半ば諦めていた補強でしたが、大分FCが踏ん張って完全移籍でFW荒田を獲得。荒田のJ2での実績を見る限り、よく頑張ったと思います。田坂監督なら即スタメンで使っちゃう感じですけれども、柳田監督はベンチからの途中出場となりました。まぁ誰が出てもどうしようもないくらい攻撃が組立てられなかったので、荒田の実力は不明のまま実力披露はお預けとなってしまいましたが。今日は縦パスが少なかったなぁ・・・・。


愛媛は強化費が少ないながらも木山監督が創意工夫を重ねて良いチームを作っています。瀬沼、河原、西田という前線の3枚の組み合わせがそれぞれの選手の特徴がにじみ出て面白い。全員がハードワークするベースがありつつ、カウンターも鋭く、そりゃC大阪でさえ倒されますわ。


前節、トリニータは福岡戦で後半に足が止まりまくって固定メンバーの疲労が溜まって来ている感じに見受けられました。今日の試合はどこかフワッとしていたというか、やっぱり疲れが溜まっているのか特に守備陣がピリッとせず、淡々と試合をこなして負けてしまった感じで、悪い流れに抗う何かを感じられなかったことが一番辛いと感じました。勝ちにこだわる強引さを感じさせる何かがあればまだ次に繋げようと前向きになれるのですが。DFが補強されなかったので、競争が無くなってレギュラーが確保された一面もあり、ちょっとだけ緩んだ部分があったのかもしれない。福森とかが奮起してくれないと競争が生まれずに困る。


こんな試合の後に、次節は非常に重要な京都戦を迎えます。夏の京都というハードなコンディションが予想される中で、もう一度ピリッとできるかどうか。夏の補強でお金を使っているので全然違うチームになっている可能性が高いですが、ここで負けるようであればもう最終節までズルズルと残留争いを続けてしまうんじゃないでしょうか。この夏一番重要な一戦です。


今までアウェイで遠征した先で雨に打たれてびしょ濡れになりながら完敗した時が一番堪えると思っていたのですが、ホームで何もできずに完敗しても十分堪えるってことが分かりました・・・・。私にとっては大銀ドームも遠征みたいなものですけど、ホームスタジアムがあんな雰囲気になっちゃうんであれば、そりゃ勝てなきゃお客さんは増えないですよね・・・・。勝った時の雰囲気も負けた時の雰囲気もようやく体験できた2015年の夏でした。



2 件のコメント:

  1. おお、、今まで2回だったのに、今年早くも2回目ですか。
    いつか大銀ドームでお会いしましょう!(トリニータシートではなく、、、)
    中央通の七夕飾りがきれいだと聞いていましたが、写真ありがとうございます。
    負けて残念です。
    京都に行こうかと思いましたが、今回はパス。
    岐阜には行こうと思います。

    返信削除
    返信
    1. j1m様

      コメントありがとうございます。七夕飾りは表と裏がちゃんとあって作り込まれていましたよ。京都戦以降正念場が続きますので、頑張りましょう。

      削除