2015年8月23日日曜日

2015年 明治安田生命J2リーグ 第30節 C大阪戦

【大分 1 - 3 C大阪】

え、そんな簡単にCKくれるの?みたいなC大阪の軽いプレーで始まった第30節。案の定トリニータのゲームキャプテン三平が混戦から見事にゴールを決めて先制。いくらなんでもですね、試合早々にそんな軽いプレーで相手にCK与えたらですね、たとえJ2下位のトリニータでもチャンスにしますわ。厳禁なんですよ、厳禁。CKはそんな簡単に与えてはならんもんなんですよ。そんなことプロの選手たちが分かっていないはずがない。だのに、我が軍のGKも簡単にCKを献上して失点するんだからビックリ。まじビックリ。立ち上がりから両チームピリッとしませんでした。



今日のスタメンも、「いつもの」と言えば分かる近所の定食屋状態。結果が出てる時はいじらないのが鉄則ですが、結果が出てなくても同じってことはいじれる部分が無いってことです。これはもう後はお前らでがんばれっていう状態なんだと思うんです。それならもう頑張るしかないんです。中断期間に、天皇杯で試合に出ていない選手達のアピール度合によって何らか試して欲しいなとは思いますが、どうでしょうか。若手出てこい。


C大阪はお金を使っている割には完成度の低い状況に見受けられました。意外にも十分隙はありました。降格のショックからチームを作り直している過程。大宮はほぼ同じチーム構成で維持ですが、そこがC大阪との違い。内容はよろしくないけど、個の力で帳尻を合わせて上位に強引に残れている印象。生半可な選手達だけでは難しいことですが、若手もベテランも含めて質の高い選手が揃っているので苦しい状況でも何とかやれている様子でした。今日は試合途中にアウトゥオリ監督がトリニータのセットプレイ時の守備について気付いたことがある様子で、ゴニョゴニョと耳打ちするとその後、コーナーキックから2失点。何かしら弱点がバレたような気がしてならないのでそこは要調整です。選手同士で確認推奨。


今日も難しい試合になるとは思っていましたが、流れの中ではそれほどやられなかったし、まだ悪あがき出来る要素は残っていると思えます。悪あがきの策を練らないといけないのだけれども、スタッフ総出で頑張るしかない。今日は松本昌也に攻撃の意識を強く感じたんだけど、まだ足りない。もっと強引にシュートを放って欲しいです。得点して欲しい。


7割方シーズンを消化して、ほぼ最下位の状態です。2週間じっくり休んで、夏の疲労を回復して、涼しくなるであろう9月から本格的な巻き返しを狙いたい。9月は本当に負けられない。全て勝たねばなるまい。今年の本当の勝負どころは9月。9月はもう本当に超重要。負けて落ち込むのは今日で終わり。沢山の観客に良い結果を見せられなくて惜しかったですが、落ち込むのは今日で終わり。まじ終わり。

0 件のコメント:

コメントを投稿